荒川区町屋の空き地で金属表札を作るワークショップ開催!

荒川区町屋の空き地で金属表札を作るワークショップ開催!


東京都荒川区を拠点に家具や日用品を開発・販売する「86400″(はちろくよん)」が、初めてのワークショップを8月24日(土)・25日(日)に開催する。

このワークショップでは、銅版画の技法を応用し、四角や三角の形をした銅や真鍮の板に文字を浮かび上がらせて表札を制作。用意した金属プレートから好きなものを選ぶことから始まり、どんな文字をどうレイアウトするのかを選んで表札を作っていく。パソコンも用意しているので、好きなフォントから選ぶことが可能だ。

開催時間は11時/12時/14時/15時/16時で、各回の定員は4人。予約は「86400″」のwebサイトにて受け付け中だ。参加費は2000~5000円で、形状・大きさにより異なるという。


開催場所は、将来賃貸住宅が建てられる予定の空き地。この土地を管理する「想像建築」ではさまざまなイベントを開催し、住人候補や荒川区のことをあまり知らない人たちに町の魅力を感じてもらおうというプロジェクトを展開している。

ものづくりの町、荒川区のとある路地裏の空き地で、金属加工の楽しさを体験してみよう。

■「空き地」
住所:東京都荒川区町屋 4-35-4
カテゴリ