裏切りのお見合い⁉︎ 恋敵出現 愛と哀しみの泥棒‼︎

裏切りのお見合い⁉︎ 恋敵出現 愛と哀しみの泥棒‼︎

8月1日(木)22時~『ルパンの娘』第4話





『ルパンの娘』第4話完全版


三雲華(深田恭子)は、桜庭和馬(瀬戸康史)の母、美佐子(マルシア)の信頼を得た。しかし、和馬から“Lの一族”逮捕の手柄を立てて捜査一課に入ることが華との結婚条件と聞いてしまい胸中の複雑さは拭えない。





そんな折、和馬の父、典和(信太昌之)が見合い話を持って来た。相手は元警視総監の孫娘、橋元エミリ(岸井ゆきの)。華を気に入った美佐子は反対するが、典和は見合いを断れば和馬の昇進はなくなり、捜査一課への異動も出来ないため、華との結婚も無くなると言う。

途方に暮れる和馬に、美佐子はとりあえず見合いをするよう勧める。見合いをしてエミリから断ってくれれば良いと言う美佐子に、和馬は勇気づけられる。だが、見合いの結果、和馬はエミリに気に入られてしまう。





華は円城寺輝(大貫勇輔)の協力で、和馬とエミリのデート現場へ潜入。円城寺が仕掛けた盗聴器で二人の会話を聞く華だが、聞こえて来たのは和馬からエミリへの愛の告白。実は、断片的な会話に過ぎず、和馬はエミリとの結婚を断っていたのだが、華は誤解してしまう。





傷心の華が家に帰ると、尊(渡部篤郎)たちが騒いでいる。ニュースで“Lの一族”の似顔絵が公開されていたのだ。泥棒コスチュームの華だが、本人と見比べた尊たちはこの似顔絵では分からないだろうと一安心。そんな尊たちの新たなターゲットは国際ロマンス詐欺師。この男が女性たちから騙し取った金で集めた金塊を奪い取ろうというものだった。

和馬は新たな捜査につくことになる。被害者は木口智子(山崎静代)で国際ロマンス詐欺に遭っていた。智子が騙されたと和馬に訴えたのは、蛭沼隆(諏訪雅)。奇しくも“Lの一族”が狙う男で、智子は華が図書館で会ったことのある女性だった。





女心を弄ぶ悪人は許せないと、華は蛭沼の金塊を盗む作戦に参加する。華たちが蛭沼のマンションに忍び込む準備をしていると、中から女性の叫び声が。警官たちが取り囲む中、蛭沼にナイフを突きつけて近づくなと智子が脅していたのだ。

智子は蛭沼に返金を迫ったが相手にされず逆上したらしい。流石にこれでは忍び込むのは無理だと尊は見送ろうとするのだが、智子の思いを知る華は決行を促した。

尊は刑事やSATの目をくらまして、華の進入路を確保。華はマツ(どんぐり)の鍵開けの力も借りて、蛭沼の部屋に入ることに成功する。と、そこには蛭沼に嚇しながら恨み言をぶつける智子もいた。

蛭沼へ凶行を及ぼそうとした智子を華は昏倒させる。智子が手を汚すことはないと、華がその役目を引継いで蛭沼を撃退した。そこに、金塊を運びに尊と悦子(小沢真珠)が来る。しかし、華は金塊を騙された女性たちに返すと尊たちを諦めさせた。





尊たちは蛭沼の部屋の窓から順番に逃走を図る。最後に華が出ようとした時に、部屋のドアから和馬が飛び込んで来た。“Lの一族”を見つけたと叫ぶ和馬と華は見つめ合う形になってしまう。


番組概要


『ルパンの娘』


<放送>


毎週(木) 22時~22時54分


<出演>


深田恭子、瀬戸康史、小沢真珠、栗原 類、どんぐり、藤岡 弘、(特別出演)、加藤 諒、大貫勇輔、信太昌之、マルシア、さとうほなみ、麿 赤兒、渡部篤郎 他

カテゴリ