『 遊戯王 デュエルリンクス 』リボルバー×サイバーダークデッキを組んでみた!「デスペラード・リボルバー・ドラゴン」炸裂!!

『 遊戯王 デュエルリンクス 』リボルバー×サイバーダークデッキを組んでみた!「デスペラード・リボルバー・ドラゴン」炸裂!!

『 遊戯王 デュエルリンクス 』に新ストラクチャーデッキEX「ガンズ・オブ・デスペラード」が登場しました。


なので、さっそくこちらを組んでみました。


このページの目次

1 リボルバー×サイバーダークデッキ2 デスペラード・リボルバー・ドラゴン3 BM-4ボムスパイダー4 使ってみた5 ネオス出張セットを入れてみた
■リボルバー×サイバーダークデッキ

「ガンズ・オブ・デスペラード」の目玉である「デスペラード・リボルバー・ドラゴン」は、闇属性・機械族のモンスターがいるデッキで真価を発揮します。


闇属性・機械族といえば、サイバーダーク!


と思い、混ぜてみました。


今回組んだ「リボルバー×サイバーダークデッキ」のレシピがこちら。



デスペラード・リボルバー・ドラゴン×2

ツインバレル・ドラゴン×1

BM-4ボムスパイダー×2

サイバー・ダーク・エッジ×3

サイバー・ダーク・カノン×3

A・ジェネクス・クラッシャー×1

封魔の矢×1

エネミーコントローラー×2

分断の壁×2

ホーリーライフ・バリアー×3



「ネオス・フュージョン」「E・HERO ネオス」といったネオス出張セットを組み込んだほうが火力はあるようです。しかしあえて、「デスペラード・リボルバー・ドラゴン」で攻めるための構築をしてみました。


「A・ジェネクス・クラッシャー」を削り、「ツインバレル・ドラゴン」を増やすのもありかもですが……。


ともかく、見ていきます。


■デスペラード・リボルバー・ドラゴン

今回の目玉であるカードは当然「デスペラード・リボルバー・ドラゴン」です。




レベル8

闇属性 機械族 

攻2800 守2200


①自分フィールドの機械族・闇属性モンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。

このカードを手札から特殊召喚する。

②1ターンに1度、自分・相手のバトルフェイズに発動できる。

コイントスを3回行う。表が出た数までフィールドの表側表示モンスターを選んで破壊する。

3回とも表だった場合、さらに自分はデッキから1枚ドローする。

この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

③このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。

コイントスを行う効果を持つレベル7以下のモンスター1体をデッキから手札に加える。



大きなポイントは2つ。


自分の機械族・闇属性モンスターが戦闘・効果で破壊された時、手札から特殊召喚できる点。

これがデッキに機械族・闇属性モンスターを多数採用したい点。

ただし、戦闘・効果以外の方法で墓地に送られたときは、特殊召喚できません。


もう1つのポイントは、コイントスを3回行い、表が出た回数分フィールドの表側表示モンスターを選んで破壊できる点。


ここで注意したいのは


・3回表が出ても、破壊するのは1体でもOK

・自分のモンスターを破壊したいときにも使える

・「選ぶ」ので、「対象」をとるわけではない

 (対象を取れないモンスターも破壊できる)

・相手ターンでもこの効果を発動できる

・表側表示モンスターしか破壊できない


という点。


ここをきちんと理解しておくことが、「デスペラード・リボルバー・ドラゴン」を使いこなすポイントですね。


■BM-4ボムスパイダー

もう1つの注目カード「BM-4ボムスパイダー」のスペックはこちら。



レベル4

闇属性 機械族

攻1400 守2200


このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①1ターンに1度、自分フィールドの機械族・闇属性モンスター1体と相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。

そのカードを破壊する。

②自分フィールドの元々の種族・属性が機械族・闇属性のモンスターが、戦闘または自身の効果で相手フィールドのモンスターを破壊し墓地へ送った場合に発動できる。

その破壊され墓地へ送られたモンスター1体の元々の攻撃力の半分のダメージを相手に与える。



☆ポイント

・表側表示のカードしか破壊できないが、モンスター以外もOK

・対象を取る効果

・自分と相手を破壊し、「デスペラード・リボルバー・ドラゴン」の特殊召喚へ繋げられる


レベル4で守備が2200というのも、地味に強いですね。


■使ってみた

つまり、「BM-4ボムスパイダー」から「デスペラード・リボルバー・ドラゴン」へ繋げるのが理想でしょうか。



「デスペラード・リボルバー・ドラゴン」の破壊はコイントスという運要素なので、少しでも時間を稼げるように「ホーリーライフ・バリアー」も採用しました。



↑のように、サイバーダークからの特殊召喚も可能。



また、「サイバー・ダーク・カノン」は手札から捨てることで、「サイバー・ダーク・エッジ」をデッキからサーチすることができます。


デッキの圧縮を行い、少しでも早く「デスペラード・リボルバー・ドラゴン」をドローするという狙いもあるデッキです。



ただまあ、「サイバー・ダーク・エッジ」だけが手札にそろっちゃうという事故も多々あります。

20枚中3枚なのに、なぜ「サイバー・ダーク・カノン」より先に「サイバー・ダーク・エッジ」が3枚も来るのだ!!


事故率を下げれば、それなりに強いデッキになりそうです。


やっぱり、ネオス出張セットなんですかねぇ。


■ネオス出張セットを入れてみた

というわけで、ネオス出張セットをIN。





ネオスフュージョンでデッキからカードを捨てられるので、「サーバー・ダーク・エッジ」の効果を使いやすくなります。


なるほど、これならネオスを2~3枚にしてもよさそうです。


というわけで、サイバーダーク×ネオスにすると強そうなリボルバーでした。


遊戯王OCGの可愛いカードたちを選んでみた~百合からセクシーお姉さんまで~





『遊戯王 デュエルリンクス』アロマージ(カナンガ採用)デッキレシピ2種(アキ/ルカ)【シンクロアロマ】





(あにぶ編集部/星崎梓)
カテゴリ