外見は関係なし!心理士が教えるモテる自尊心の作り方

外見は関係なし!心理士が教えるモテる自尊心の作り方

美人だったりスタイル抜群だったりするわけではなく、さほど目を引くタイプではないのに、なぜかモテる人の共通点……。


それは、「自分のことを大切にできている人」であること。


ただし、いくら自分を大切にしているからといって、自己中心的で高飛車になるのはNG。


そこで今回は、ただプライドが高いだけでなく、男性からも好感を持たれやすい自尊心の作り方をご紹介します。



彼の言動を正しく判断すること


もしも、彼があなたにだけあたりを強くしていたり、


「好き避け」とは、わかりやすく表現すると「好きな子ほどいじめてしまう」というもの。


好きだからこそ、嫌われるのを恐れて、素直に話せなかったり、強がってしまったりする態度のことを言います。


たとえば、昨日までLINEで楽しく話していたのに、次の日会ったら急に素っ気ない態度を取られてしまうと、「なにか悪いことをしたかな……?」と考えてしまうかもしれません。


でも、思い当たる節がないのなら、それは相手の「好き避け」でしかないのかも。


もし仮に「好き避け」だとしても、別の理由だとしても、あなたのせいでないのなら、謝ったり機嫌を取ったりする必要はありません。


「そうきたか!」と思うくらい、大らかな気持ちのほうが、いい結果につながるのです。


「自分のせい」と思いこまない


「帰属エラー」とは、ある現象の理由を間違って帰属(理由づけ)してしまうこと。


たとえば、彼とLINEをしていて、急に返信が無くなったとき。すぐ、「私、なにか気に障ることを言ったのかも……」なんて考えていませんか?


「謝らなきゃ」と思って電話をかけたとしても、彼が仕事をしていたなら、その電話は逆効果ですよね。


このように、「帰属エラー」が自分に向くと、良かれと思ってしたことが失敗となってしまうこともしばしば。


本当の理由なんてわからないもの。よっぽど心当たりがある場合ならともかく、あなたのせいである可能性なんてほんのわずかなのですから。


「どうしたのかな~?」と、鼻歌を歌って待つくらいのイメージが◎。余裕を持つことが大切です。


揺るがない「好きなもの」を持つこと


モテる自尊心


人がなにかに興味や関心を向けるときには、根本に「知りたい!」と思う気持ちがあります。


多少歩み寄ることは大切ですが、「彼の好きなものは私の好きなもの」と言わんばかりに、彼に合わせてばかりになっているなら要注意。


あなたのなかに「彼の知りたいもの」が無くなってしまうと、彼のあなたへの興味が薄れてしまうこともあるのです。


そこでおすすめなのが、「揺るがない好きなもの」を持つこと。周りから多少変だと思われても、「好き」にならそれでOKです。


相手には強制せず、自分ひとりでも楽しめるのも大切。


彼にとって、あなたのなかに「わからない」ものがあればあるほど、彼の興味関心を惹くことができるのですから。


おわりに


「振り回される」のと「寄り添う」のは別です。


相手の気持ちに合わせることができるなら、「自分の気持ちに合わせる」ことも大切にしてみませんか?


きっとその気持ちが「自分を大切にできる素敵なあなた」の第一歩になってくれるはずです。


(矢島 みさえ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ