恋愛対象ではない?「人として好き」と言ってくる男性の心理

恋愛対象ではない?「人として好き」と言ってくる男性の心理

「人として好きだよ」と言われても、それはどういった種類の「好き」であるのか、いまいちわかりにくいもの。


男性が内心ではどんなことを思いながら言っているのか、その言葉の裏側を知りたいですよね。


そこで今回は、「人として好き」と言ってくる男性の心理を紹介します。



「大事な人」だと伝えたい


自分にとって大事な人で、尊敬や信頼も寄せているときには、「人として好き」という言葉を使うこともあります。


ただの好きとか異性として好きといったものを、もはや超越している思いがそこにはあるのかも。


ただ、だからといって、恋愛相手として意識しているかどうかは、その言葉だけでは判断できません。


好意は持ってくれているでしょうから、あなたも好意を示していくようにすると、自然と恋愛関係へとも進展していける可能性は大きくなるでしょう。


「中身が好き」とアピールしている


「見た目だけが好きなわけではない」ということを示したくて、「人として好き」と言うケースもあります。


ちゃんと性格や人柄、物事に対する考え方など、「あなたの中身も好きです」というアピールをしたいのでしょう。


それは本気な思いの表れでもあるでしょうし、あなたのことを理解していると伝えたくもあるのかも。


「好き」という言葉を発してもいるので、「軽く告白をした」という気持ちだってある可能性も高いですよ。


「反応」を伺おうとしている


面と向かって「人として好き」と言うのは、男性からするととても勇気がいるものです。


それくらいドキドキする言葉でもあるので、言われた女性がどんな反応をするのかもかなり気になるはず。


うれしそうにしたり、恥ずかしそうな表情を浮かべたりしてくれるのか、それとも平然と受け流されてしまうのか。


それによって女性の気持ちもなんとなく察することができるので、気になっている女性の反応を伺おうとして、男性はこの言葉で試してみたりすることもありますよ。



「友達でいたい」という意味である


あなたの好意を感じるものの、男性にはその気がない場合には、「人としては好きだよ」と言って遠回しに断ることもあります。


「友達でいたい」という思いではあるので、無下に断ったりはせずに、オブラートに包んでいるつもりなのかも。


「好き」という気持ちは本当に持っているものの、それは友達として好きなので、こういった言い方になるのでしょう。


あなたが自分の思いを打ち明けたのにも関わらず、こう言われたのであれば、なんとか傷つけないようにかわそうとしている可能性が高いです。



おわりに


どういった状況で「人として好き」と発したのかによって、男性の本心もかなり変わってくるもの。


友達としての「好き」の場合もあるので、そこの判断は間違わないようにしてくださいね。


(山田周平/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ