付き合っているだけなのに男性をダメ男にしてしまう女性の特徴

付き合っているだけなのに男性をダメ男にしてしまう女性の特徴

ダメンズばかりと付き合ってしまうという女性っていますよね。いつもつらい恋愛ばかりで抜け出したいということもあるはず。


中には、男性をダメンズにしてしまう女性もいるって知っていましたか?


付き合う前はダメンズではなかったはずなのに、付き合っていくうちにだらしなくなってしまったり、浮気をするようになってしまったり。


どんな女性が彼をダメンズにしてしまうのか、その特徴をご紹介します。



何でもやってしまう


「男をダメンズにしてしまう女性っていうのは何でもやってあげてしまう、つくし過ぎな女性だと思います」(Aさん・27歳男性)


男性は尽くしてくれる女性が好きなもの。しかし、尽くしすぎるとそれが当たり前となり、男性が何もやらなくなってしまいます。


典型的なのが、トイレの便座。


「あげたら下げておく」ということを女性がやってあげてしまうと、どんどんエスカレートしていき、トイレの紙すら交換しなくなってしまいます。


断れない


「気が弱いってことなんだと思うんですけど、断れない女性っていうのはダメンズメーカーだと思います」(Eさん・28歳男性)


男性からの要望を断れないというのもダメンズを育成してしまう女性の特徴です。


例えば、男性の「あれやって」や「これやって」といったお願いを聞き続けていくと、男性は何もしなくなっていき、それが当たり前に。


デート代はいつも女性が出しているといったことが日常的になり、いくら貢いだのか分からないということも。


相手の言葉を鵜呑みにする


「相手の言葉を鵜呑みにする女性っていうのは、男性からいいように扱われている気がします。知り合いにいますねそういう女性」(Yさん・25歳男性)


例えば、「来月返すからお金貸して」と男性から言われて、それを鵜呑みにしてしまうと、結局戻ってこないということになりかねません。


他にも、「お前のことを愛してるから浮気なんてするわけない」といいながら、好き放題浮気していたという男性の事例もありました。


怒らない



「怒らない、怒ることができないっていうのはダメだと思います。それって結局相手を許してるってことになりますよね」(Hさん・27歳女性)


喧嘩をしないカップルというのは存在していますが、それとこれとは別問題。相手が酷いことをしてきたら怒ることも必要です。


例えば、浮気をされても怒ることができないと、男性側が「浮気しても大丈夫」と思ってしまいます。


いい関係を築くためには時には怒ることも必要です。


いい人過ぎるがゆえにダメンズメーカー?


今回はダメンズを育成してしまう女性の特徴をご紹介しましたが、当てはまる項目はありませんでしたか?


優しすぎる女性だったり、親切過ぎる女性というのが、実はダメンズメーカーである可能性があります。


とてもいい人なのに、恋愛では損ばかりしている女性っていますよね。


実はそれ、いい人過ぎることが原因なのかもしれませんよ。


(草薙つむぐ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ