700人の村が一つのホテルに!山梨県小菅村に古民家ホテルOPEN

700人の村が一つのホテルに!山梨県小菅村に古民家ホテルOPEN


山梨県小菅村に、築150年以上の地元名士の邸宅を改修した古民家ホテル「NIPPONIA 小菅 源流の村」が、8月17日(土)に開業する。


多摩川源流に位置する小菅村は、面積の95%が森林。豊かな自然に囲まれた人口約700人の小さな村だ。過疎高齢化に直面したこの村の過疎化と空き家の課題解決、観光資源を生かせるモデルとして「NIPPONIA 小菅 源流の村」はオープンする。


“700人の村が一つのホテルに。”をコンセプトに始まったプロジェクト第一期として、今回は細川邸を「OHYA棟」と名づけ、客室4室及び22席のレストランを開業。2020年5月には古民家2棟を改修し客室2室が加わる予定で、村の中に70~100棟ほどあるという空き家の中から、条件に合った家が順次客室に改修されることになる。


提供される食材はほとんどが小菅村の農家が栽培したもので、運営スタッフは全員が村人という「NIPPONIA 小菅 源流の村」では、周辺の自然を散策したり、自転車で村全体を巡ったり、村人と触れ合うことで、村全体を感じることができる。


日本庭園が広がる「OHYA棟」には、主屋に3部屋、蔵に1部屋あり、それぞれの部屋で異なるコンセプトのプライベート空間を楽しめる。


入り口の長屋門はレストランとして生まれ変わり、日本の四季をさらに6つに分けた“24sekki(二十四節気、にじゅうしせっき)” をコンセプトに、小菅村の小生産者が作る旬の食材を用いた料理を提供する。


この「OHYA棟」は、1泊夕朝食付きで1人2万5000円から利用できる。


地域内には美人の湯として評判も高い、世界でも珍しい高アルカリ性温泉「小菅の湯」もあるので、ぜひ足をのばしてみて。

「NIPPONIA 小菅 源流の村」で、都会の生活では体験できない素敵な時間を過ごしてみてはいかが?



■「OHYA棟」
住所:山梨県北都留郡小菅村3155-1
カテゴリ