篠原信一が小学生柔道チームに熱血指導!全国大会出場なるか!?

篠原信一が小学生柔道チームに熱血指導!全国大会出場なるか!?

8月17日(土)9時55分~10時25分『ライオンのグータッチ』




柔道の練習になると、途端に真剣な表情になる篠原信一


『ライオンのグータッチ』では、8月17日から4回にわたって、伸び悩む小学生柔道チームが悲願の全国大会出場を目指していく様子に密着する。

この番組は、一生懸命打ち込んでいるのに結果が出せない子供たちを「その道のエキスパート」である有名アスリートや著名人が徹底的にサポート。夢を追いかける全ての子供たちの成長を見守る応援ドキュメンタリー。

8月25日から開幕する「2019世界柔道選手権 東京大会」(フジテレビで夜7時から8夜連続独占放送)、来年には東京オリンピックを控え、柔道熱はますます高まっている。

今回は、創立42年の「三郷少年柔道クラブ」に密着。2ヵ月後に開催される、小学生柔道団体の日本一を決める全国大会「マルちゃん杯少年柔道大会」への出場を目指している。出場のためには、関東大会でベスト8に入らなければならないのだが、2016年と2017年は1回戦敗退、2018年は2回戦敗退となかなか成績を残せずにいる。

そんな子供たちを指導すべく篠原信一が動いた!




篠原独特のユーモアで子供たちとの距離を縮めていく


2000年シドニーオリンピックで銀メダル、2008年柔道男子日本代表監督に就任するなどの経歴を誇る篠原だが、本格的に子供を指導するのは今回が初めて。

そんな篠原に意気込みを聞いたところ、「子供たちに楽しくサッカーを教えたいです」と挨拶代わりのギャグが…。

そしていよいよサプライズで篠原が登場!唖然とする子供たちに、篠原独特のユーモアたっぷりの挨拶をし、次第に子供たちとの距離を縮めていった。




普段通り「受け身」の練習をしてみる子供たちだが…


今回、全国大会を目指すのは、ゆきのすけくん(36キロ)、はやてくん(37キロ)、ひなちゃん(43キロ)、ごうきくん(60キロ)、くうとくん(80キロ)の個性豊かな小学6年生仲良し5人組。

早速練習をはじめる事に…。すると、篠原の表情が一気に真剣になる。




篠原の「受け身」のアドバイスはかなり分かりやすい


まずは、倒れたとき怪我しないよう衝撃を和らげる「受け身」の練習。普段どおりの練習を行っていると…篠原の目つきが変わり、ストップがかかる。そして「受け身」の時に重要な、目から鱗の指導をする。




厳しく激しく楽しい篠原流の熱血指導が続く…


続いては、技をかける側と受ける側の2人1組で技の入り方を繰り返す「打ち込み」。

これにも篠原からするどい指摘が。技を受ける側にポイントがあるというのだが…。篠原に指導された方法で練習を再開してみると、途端に子供たちの表情が険しくなる。「少しやり方を変えただけなのに、いつもの倍以上キツイ」と刺激を受けているようだ。

他にも相手の足を横に刈る「大外刈り」。篠原が選手時代もっとも得意とした技だが、この練習のためにあるモノを取り出した!一体どんな練習をするのか!?




篠原流独特の指導法で技の練習中


1回目の練習を終え、「次回までに今日やった練習が出来る?」という篠原の問いに、ただ1人だけ手をあげなかった子供がいた。それはチーム1の重量を誇る、くうとくんだ。運動神経抜群なのだが、ある理由で家では練習をしたくないという。

篠原が期待を寄せるくうとくんの姿にスタジオの佐藤隆太が「ステキなキャラクターですよね」、博多大吉も「身体能力高いですよね」と絶賛。西野七瀬が「もっと強くなってほしい」とエールを送るが…。果たして、くうとくんは、篠原の練習に耐えられるのか!?




食べるのが大好きなくうとくん


また、篠原が注目しているのが、チームで唯一の女の子、エースでキャプテンのひなちゃん。埼玉県内でもトップレベルの実力で、地元では敵なし。1つ年上の兄の影響で幼稚園から柔道を始めたという。スタジオの佐藤が「この子凄いじゃん」と驚くほどのストイックな練習ぶりとは!?

食いしん坊、ストイック…5人の個性的な子供たちと篠原の化学反応に、スタジオは笑いに包まれる。




篠原が期待するチーム唯一の女の子・ひなちゃん


「勝つだけではなくて『柔道って楽しいな』と思えるように工夫をしながら真剣に取り組んでいきたい」という篠原。

果たして全国大会出場の夢はかなうのか?




篠原の熱血指導に少し押され気味!?の子供たち


<番組概要>


『ライオンのグータッチ』


放送日時


8月17日(土)9時55分~10時25分


<出演>


【MC】
佐藤隆太
博多大吉(博多華丸・大吉)
西野七瀬

篠原信一(柔道家)

カテゴリ