『24時間駅伝』4人目は当日発表 近藤春菜&よしこは距離変更で10キロ減 総走行距離は148.78 キロ

『24時間駅伝』4人目は当日発表 近藤春菜&よしこは距離変更で10キロ減 総走行距離は148.78 キロ

 日本テレビは18日、『24時間テレビ42』(8月24・25日放送)の4人目のチャリティーランナーについて、放送当日の駅伝スタート時に発表することを同日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(毎週日曜 後7:58)で告知。名称は『24時間駅伝』に決定したことを発表した。



【写真】『24時間駅伝』ランナーのいとうあさこ&よしこ



 そのほか、チャリティーランナーを務めるハリセンボン・近藤春菜(36)とガンバレルーヤ・よしこ(28)の走行距離を、当初の42・195キロから10キロ短縮した32・195キロに変更も報告。



 猛暑による熱中症や、ケガのリスクを考慮しての措置。いとうあさこ(49)は予定通りフルマラソンの42・195キロを走る。4人目のランナーはいとうと同じく42・195キロを走るため、タスキリレーの総走行距離は(32.195キロ×2)(42.195×2)= 148.78 キロとなる。



 今年のチャリティーマラソンは「人と人~ともに新たな時代へ~」のテーマに沿い、4人がタスキをつないで走る駅伝方式で行われる。毎年恒例の日本武道館が20年の東京五輪・パラリンピックへ向けた改修工事のため、初めて東京・両国国技館のゴールを目指す。



 10日の時点で、指導をしてきた坂本雄次トレーナーは「トータルでいうと、順調な仕上がり」と本番に向けた3人の状態に太鼓判。その言葉通り、3人共通の課題であった体重も、いとうが4キロ、よしこが3キロ、近藤が6キロと、体力を落とすことなく食事制限と運動で減量してきた。しかし、走り終えて一番最初に「食べたいものは?」の質問には、よしこは「家系ラーメン」、近藤は「カツ丼」と高カロリーメニューを熱望。ひとり、あさこだけが「走り終えたら、疲れていると思うので…、流動食」とリアルすぎる回答で、笑いを誘っていた。



■変更は以下のとおり



ランナーの走行距離の変更

「ここまで1人ひとりがフルマラソンを目標に練習してきましたが、この猛暑の中、熱中症やケガのリスクなどさまざまな安全面を考え、それぞれが走る距離を調整することにしました」。



【いとうあさこ】

42.195キロ (フルマラソン)

【近藤春菜(ハリセンボン)】

32.195キロに変更

【よしこ(ガンバレルーヤ)】

32.195キロに変更

【4人目の走者】※当日発表

42.195キロ(フルマラソン)
カテゴリ