嵐『TVガイドAlpha』表紙に初登場 5人が語る”WISH=願い”

嵐『TVガイドAlpha』表紙に初登場 5人が語る”WISH=願い”

 2016年秋の『TVガイドAlpha』(東京ニュース通信社)誕生から約3年、ついに、人気グループ・嵐が、5人そろって初めて表紙に登場した。



【画像】カラバリは5色! 嵐・大野智デザインのチャリTシャツ



 誕生号である『EPISODE A』の表紙を櫻井翔が飾ったのを皮切りに、メンバーが次々とカバーを彩り、発売のたびに高く注目されてきた。今回、嵐の表紙が発表されると、SNSには「全員表紙きたー!」と歓喜の声があふれ、「嵐×WISH これからも続く5人の願い」というタイトルについて「泣ける」との感想が上がるほど話題に。また、表紙の写真が解禁されるや「家族写真みたい」「あったかい空気」「5人がすき」と反響が大きかったという。



 嵐は、いよいよ放送が迫った『24時間テレビ』への思いを語るなかで、15年前に最初にメインパーソナリティーを務めたとき「嵐がほんのちょっとだけ大きくなれたかな、って感じた」(櫻井翔)と振り返りつつ、「当時抱いていた思いは今も変わらず持ってる」(相葉雅紀)と力強く発言。



 周囲との関係や状況が異なってきていることをふまえ「僕らができることも変わる」(二宮和也)と、 求められるものが変化している現実にも言及。「番組としてもより深いところを掘り下げていけたら」(松本潤)「人はひとりでは生きられないから。 自然に信じ合ってつながっていたい」(大野智)と抱負、 そして願いを語った。



 そのほか、山田涼介 は「Worth=存在価値」というテーマでインタビューを実施。ジャニーズの先輩たちをみて「ジャニーズがジャニーズである理由」を考察しつつ、自らも「そういう職業に就いている自覚を持っている」と自身の見解を述べている。



 King & Prince は、これまでに経験した「Wonderful=すばらしい」体験を引き合いに、「アイドルになれてよかったと思うことが増えていく」とコメント。グループでの登場に続いて、平野紫耀、岸優太&神宮寺勇太のグラビアにも注目したい。



 さらに、2020年に2組同時にデビューすることが発表されたSixTONES、Snow Manが誌上で“競演”。SixTONESは、新しい時代に新しいアイドル像を「Wild」に切り拓いていく精神を、Snow Manは努力を積み重ねたその先に、より「Wide」な活躍の場をつかみ取るビジョンを熱くトークした。



 取材中は、メンバー同士よくしゃべり、常に会話が飛び交うような、明るい空気感が共通していたという2組。活気ある雰囲気で繰り広げられた座談会と、表情の豊かさ、チームワークがにじみ出た写真が綴られている。加えて、東京ドームでの「ジャニーズJr.8・8祭り」をいち早くリポートする。
カテゴリ