真魚、『カメ止め』俳優陣の活躍に刺激 どんぐりと再共演で「自分も頑張らなきゃ」

真魚、『カメ止め』俳優陣の活躍に刺激 どんぐりと再共演で「自分も頑張らなきゃ」

 昨年の大ヒット映画『カメラを止めるな!』に出演し注目を集めた女優の真魚が、22日放送のフジテレビ系木曜劇場『ルパンの娘』(毎週木曜 後10:00)第7話にゲスト出演。同ドラマのレギュラーキャストで『カメ止め』出演の女優・どんぐりと『カメラを止めるな!スピンオフ ハリウッド大作戦!』(AbemaTV)以来、5ヶ月ぶりに再共演を果たすこととなり、「どんぐりさんは本当に面白い方なので、こんなに早く共演できてうれしいです」と歓喜のコメントを寄せている。



【写真】深田恭子との共演シーン



 同ドラマは泥棒一家“Lの一族”の末えいとして生まれ、類まれなる泥棒の才能を持った主人公・三雲華(深田恭子)と、彼女の恋人で代々警察一家に生まれた桜庭和馬(瀬戸康史)によるラブコメディー。真魚が演じるのは、華と和馬が結納を行う温泉旅館の若おかみ・磯山樹里(いそやま・じゅり)。樹里は温泉旅館で働く一方、その旅館と敵対組織である男性・山本浩司演じる六見義男(ろみ・よしお)と恋人関係にあるという役どころ。華と和馬とは別の“ロミオとジュリエット”ストーリーによって、三雲家と桜庭家がとある事件に巻き込まれる…!?



 どんぐりは、華の祖母・マツとして強烈キャラぞろいの同ドラマでも異彩を放っており、真魚は「主演の濱津隆之さんをはじめ、映画『カメラを止めるな!』のキャストの方々が、活躍しているのを見て自分も頑張らなきゃと感じています」と刺激を受けている様子。「映画『カメラを止めるな!』の皆さんとは、違う現場で違う役柄として共演したいと思っていたので、今回どんぐりさんと共演できて本当にうれしいです」と感想を語った。



 撮影では「渡部(篤郎)さんが冗談を言って、みんなを和ませてくださったり、すごくいい雰囲気で撮影させて頂いています。7話でのゲスト出演ということで、既に出来上がった雰囲気の中に入っていくのは難しいかなと思っていましたが、皆さん優しくて気さくに接して下さるのでやりやすかったです」と周囲の環境に感謝。



 「今回、好きになってはいけない相手を好きになってしまい、大きな葛藤を抱く樹里を演じさせて頂きます。樹里はとても人間らしい人物なので、彼女の心情を皆さんにうまく伝えられたらいいなと思っています。また、7話ということで、物語の大きな転換点にもあたりますので、登場人物の会話の一つ一つにも注目して楽しんでいただきたいです」と呼びかけている。
カテゴリ