目指せ、不思議ちゃん!?好きな人を夢中にさせる話し方

目指せ、不思議ちゃん!?好きな人を夢中にさせる話し方

好きな人と話すときに、意識していることはありますか。


相手に嫌われたくないと思って、自分のマイナス面は伝えない。相手との距離感に応じて、話すようにしているなど。


話し方ひとつで、その場の雰囲気も大きく変わるものです。


今回は、なかでも好きな人を夢中にさせる話し方がないか、考えてみました。



わざと「すっとんきょうなこと」を言う


たとえば、相手から「この後、どこに行きたい?」と聞かれたとします。


本来なら「デザートでも食べに行く?」「久しぶりにカラオケに行かない?」など、デート先を提案するのが普通でしょう。


でも、あえて相手からのツッコミを待つように、「じゃあ夏だけど、スキーで」「ラーメン、二軒目に行こう~」など。わざと「すっとんきょうなこと」を言ってビックリさせてみてはいかがでしょうか。


というのも、冗談を言い合える関係って、仲がいいカップルだと思います。


真面目な話をするときには、真面目に話しができる。おふざけモードのときは、冗談を言い合える……。


苦楽をともにできる関係は、まさにそうした間柄ではないでしょうか。


好きな人との関係が楽しく、充実したものになるよう、たまには冗談のひとつも言い合いたいものです。


傾聴を意識する


たとえば、相手が仕事の話を振ってきたとします。何かミスをしてしまった、こんなことで悩んでいるなど……。


そうしたとき、相手と同じ仕事であれば、具体的なアドバイスもできるでしょう。


でも、違う職種だと、話を聞くだけになってしまう場合も多いと思います。だからといって、嘆く必要はありません。


むしろ「恋人と同じ仕事です」と言う人のほうが少ないのですから。


共感してあげたり、質問したりして、コミュニケーションをとることで、あなたの興味を示せます。


「〇〇だと思っているんだ?」と、相手の気持ちを明確にするだけでも、相手の意志や考え方はハッキリするはずですよ。


相手はあなたと話すことで、自分の考えに気づけたり、再確認できたりすることがあるかもしれません。


思い当たる節に共感する


相手との共通点を見つけようと、努力した時期はありませんか?


その時と同じように、相手の話のなかで、あなたにも思い当たる節があれば、ぜひ積極的に話してみてください。


彼が趣味の話をしたら、「私も最近、〇〇にハマってる」と自分の趣味の話をするとか、彼が仕事の愚痴をこぼしたら、「私も今日、似たようなことあったよ」と共感するとか。


「相手の気持ちがわかる」といったように話しができると、会話も弾みやすいですし、相手もあなたの存在が嬉しくなるはず。


ムリに相手に合わせる必要はありませんが、心当たりがあれば、ぜひ自分のことも話してあげて。


おわりに


デートが退屈にならないためにも、お互いについて知っていくためにも、話し方の工夫は大事です。


ぜひ取り入れてみてくださいね。


(柚木深つばさ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ