ウォズ・渡邊圭祐、早くも『ジオウ』ロスに ゲイツ・押田岳はマッハ・稲葉友からの金言を引き継ぐ

ウォズ・渡邊圭祐、早くも『ジオウ』ロスに ゲイツ・押田岳はマッハ・稲葉友からの金言を引き継ぐ

 テレビ朝日系で放送されていた『仮面ライダージオウ』(毎週日曜 前9:00)が25日、最終回を迎えた。次週9月1日からは『仮面ライダーゼロワン』がスタートする。それに先駆け、都内で『仮面ライダーゼロワン』プレミアムバトンタッチイベントが行われ、『ジオウ』からは常磐ソウゴ/仮面ライダージオウの奥野壮、仮面ライダーゲイツ/明光院ゲイツの押田岳、ツクヨミの大幡しえり、仮面ライダーウォズ/ウォズの渡邊圭祐が出席した。



【写真】『ジオウ』&『ゼロワン』キャストが集結



 冒頭のあいさつで渡邊は「この本によれば、きょうは君たちにとって特別な1日となる。ただし、黄色いバッタには気をつけた方がいい」と仮面ライダーゼロワンを交えたウォズのせりふを再現し、会場からは大声援。続けて「早くも『ジオウ』ロス。ウォズ役の渡邊圭祐です」と語り、多くのファンが同意していた。



 思い出のシーンについて渡邊は「毎回、本を持って出てきて前の話を解説する。そのシーンは1話から49話まで、ずっとやってきた。せりふを覚えるのも大変なシーンでしたけど、やりきれてよかった」と話す。押田は「日に日に、うまくなっていった」と成長を語ると、奥野も「どこかのタイミングで見たときに、せりふを覚えるのも早くて、すごくうまくなってるって思った。1年間、ありがとうございました」と感謝していた。



 印象的な「我が魔王」というせりふも言い方を変えていったそう。「クセが強すぎるかなと思って。白ウォズが出てきたときぐらいから変えていった。白ウォズのクセも強かったので片方ぐらいはシンプルにしておこうかな、という思いを込めて」と裏話を明かした。



 また、『ゼロワン』キャストにアドバイスも。渡邊は「1年間、常磐ソウゴの従者をやった、魔王にするために。でも、うちの子、なかなか言うことを聞かないんですけど、めげずにアタックすればオーマジオウになるわけですよ」と体験談を交えて刃唯阿/仮面ライダーバルキリーを演じる井桁弘恵へ助言。1話を先行試聴した観客は笑いが起きていた。



 逆に『ゼロワン』キャストからの質問も。少ない余暇の過ごし方を問われると奥野は「映画館に通ってました。このお仕事をするには知識が少なすぎるので、勉強の意味も込めて。あとは寝るかな」と明かす。寝ることの大切さは、公開中の映画『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』で共演した『仮面ライダードライブ』の仮面ライダーマッハ/詩島剛役の稲葉友からの教えという。押田は「『ロケバスで寝てるのは気絶』と。家で休めるときは寝たほうがいい」と質の高い睡眠の重要性を説いていた。一方、渡邊は「ひたすら銭湯に行ってました。リセットされるように何も考えない時間を作りました」と、こちらもリラックスの大切さを語った。



 平成仮面ライダーシリーズ第20作記念にして、「平成」最後の作品となった『仮面ライダージオウ』。「王様になりたい」という夢を持つソウゴは、未来からやってきた明光院ゲイツ(押田岳)、ツクヨミ(大幡しえり)、ウォズ(渡邊圭祐)との出会いによって、50年後の世界では、自分が世界を支配する魔王・オーマジオウとなっていることを知った。



 だがソウゴは、サイテーサイアクの魔王ではなく、最高最善の魔王になることを宣言。自らの運命を変え、人々が平和に暮らせる未来を作るべく、戦っていた。最終回では、アナザーディケイド/スウォルツ(兼崎健太郎)によって変えられてしまった世界を、オーマジオウとなって強大な力を得ると世界そのもの破壊して創造。1年前の世界に戻ったソウゴは、ゲイツ、ツクヨミらと学園生活を楽しむラストシーンで大団円となった。



 この日は『仮面ライダーゼロワン』から高橋文哉、岡田龍太郎、鶴嶋乃愛、井桁弘恵も参加した。
カテゴリ