気づいたら恋してた!愛され女子になる話し方3つ

気づいたら恋してた!愛され女子になる話し方3つ

話し方が素敵な女性はやっぱり好感度がアップします。


話し方ひとつで気づいたら恋していたということもあるぐらいです。それぐらい、話し方は見た目にも影響します。


そこで、ここでは、愛され女子になる話し方をアドバイス!


あなたも、話し方をより良いものにしてみませんか?



方言を使うと可愛い


昔は方言を使うと田舎っぽくて恥ずかしいと、わざと標準語を使う人もいたようです。


しかし最近は、「方言を使う女性は可愛い」と、男女問わず人気になっています。


そのせいもあってか、イマドキはテレビなどでも、アイドルをはじめとした芸能人の方々も、わざと方言を使う人が増えているぐらいです。


方言の良さはきっと、「素のその人が感じられるところ」。


人となりが感じられやすく、親しみやすいからこそ、「あ、いい子だな」と感じられるのです。


同じ地方の方言を使う者同士だったら、きっとすぐ意気投合すること間違いなしです。


また、違う地方の人同士でも、方言をネタに話が弾みそうですね。


無理にどこかの方言をまねる必要はありません。むしろ、下手な方言を使うほうがマイナスイメージにつながりやすいものですので、注意してくださいね。


大切なのは「自分の素を出して話すこと」なのですから。


ゆっくりしゃべる


早口の女性に対して、初対面の人は面食らいます。


一方で、ゆっくりしゃべる女性はおっとりした印象に感じられて、女性らしさが増してみえます。


日頃、早口の人も、ゆっくりおしゃべりするように心がけてみましょう。


男性も早口におしゃべりする女性には口をはさむ余裕もありませんが、ゆっくりおしゃべりする女性には、自分のこともいろいろと話せるので、楽しい会話が楽しめます。


ゆったりとしたおしゃべりは気持ちも癒されて、あなたへの好感度も増すこと間違いなしですよ。


否定した言い方をしない


気づいたら恋してた!愛され女子になる話し方3つ


「きっとそうに決まっている」「どうせ〇〇できない」という否定的な言葉は誰が聞いてもあまりいい印象は受けません。


初対面の人にそういう話し方をするのはマイナスな印象を与えるので、否定的な言い方は慎んで。


また、人の悪口や嫌味なども初対面の人には強烈に響きます。自虐的にいう言い方も相手にはなかなか理解されないでしょう。


特に相手が言うことに対して、否定的な言い方をしたら、相手は傷つきます。


否定的な言い方よりも肯定的な言い方をするように努めることで、あなたの印象はずいぶんと変わってくるはずですよ。


まとめ


初対面の人があなたの印象を決定するものは、話し方やしぐさ、雰囲気などのファクターです。


第一印象で相手のことを虜にできれば、そのあとも自然とお付き合いに向かっていきます。


反対に、第一印象でいい印象を残せなければ、そのあとの付き合いは難しいものになってしまいます。


(如月柊/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ