話題の子役に母性刺激され?比嘉愛未「母になる経験をしてみたい」

話題の子役に母性刺激され?比嘉愛未「母になる経験をしてみたい」

毎週(火)21時~『TWO WEEKS』





8月27日放送の第7話から、ついに結城(三浦春馬)の反撃が始まる――。

検事の楓(芳根京子)やすみれ(比嘉愛未)など協力者を得た結城は、自分を陥れた黒幕が柴崎要(高嶋政伸)と国会議員の久我早穂子(黒木瞳)だと突き止める。

娘・はな(稲垣来泉)への骨髄移植手術まで生き延び、無実の罪を晴らすため、結城はどんな逆襲に出るのか?

マスカットでは、結城のかつての恋人ではなの母親・すみれを演じる比嘉にインタビュー。

すみれは、はなの命を救うため、婚約者で刑事の有馬海忠(三浦貴大)にも告げず結城に協力するが、その揺れ動く心情をどう感じるのか?

また、そのかわいらしさを三浦春馬も絶賛する稲垣と接することで目覚めたという母性についても聞いた。


<比嘉愛未インタビュー>


Q.ドラマも後半に入り、さらに先が気になる展開です!

出演している私も、これだけ先が気になるドラマは久しぶりです。非日常的な物語ですが、エンターテインメントの醍醐味がギュッと詰まった内容だと思います。

私は、ジェットコースターが大好きなんですけど、走り出したら止まらないスリリングな感覚が、まるでジェットコースターに乗った気持ちになる作品だと思います。「おもしろい、終わっちゃった、もう一回乗りたい!」って(笑)。そして、気づいたらハマって抜けられないって思ってもらえたらうれしいですね。





Q.連ドラ初の母親役ですが、演じる上で意識していることは?

一番大切にしていることは、はな(稲垣来泉)を常に一番に思っていること。自分よりも誰よりも、はなが一番。それがもっとも出るのは目線だと思うので、はなに愛情がこもった目線を注げたらと思って演じています。だから、街中を歩いていても、親子がいるとついつい目で追っちゃうんですよね。

Q.制作発表では、「はな役の来泉ちゃんに見つめられると母性があふれ出て、もう母性を超えて恋」だとおっしゃっていました。

本当にかわいくて。たとえば、病院のシーンで、ベッドの脇にいても、ふと手をつないでくれたりするんです。私が、「今日は甘えていい?」って聞いたら、「いいよ」といって、ずっとくっついていてくれたり。本番だけでなく、収録の合間でも触れ合っていることで温かみが伝わりますよね。ここまでの距離でいさせてもらえるのはありがたいし、心地よくて。

だから、撮影が終わってバイバイするのが寂しいんです。本当のお母さんがいるのはわかっているけど、“帰っちゃうのね、そっちに”ってやきもち焼くくらい(笑)。“子供ほしいな”って思うくらいかわいいです。





Q.子供がほしくなっちゃいましたか?

なりますね。30代になって、もちろん仕事も大事ですけど、きっと子供を産んで、母になって学ぶことや感じることが、今までの自分の人生とは変わる気がするので、それを早く経験してみたいです。疑似体験で母親をやらせてもらっただけで、これだけのめり込んでしまうのだから、自分の子供になったらどうなるんでしょうね(笑)。





Q.撮影の合間、来泉ちゃんとどんなことをしていますか?

病院の中での撮影が多いので、重く切ない気持ちのシーンがほとんど。その分、合間はふざけたり、ゲームをしたりして、来泉ちゃんに子供らしい瞬間を楽しませたいなと思っています。彼女もちゃんと甘えてくれるし、心を開いてくれているので、自然といい関係ができあがっています。

さっきは、目線で母性を意識すると言いましたけど、来泉ちゃんは、“目の前にいるこの子が愛おしい”と思わせてくれるので、自然に出てしまっているかも。





Q.すみれは母親でありながら、かつての恋人である結城(三浦春馬)と、現在の婚約者で結城を追う刑事の有馬(三浦貴大)との間で揺れ動く、女性としての一面も求められる役柄です。

すごく複雑ですよね。今を支えてくれている有馬さんへの愛情や感謝の気持ちは大きいと思うんですけど、ずっと捨てられたと思っていた結城が、実は8年前に自分を守るために柴崎(高嶋政伸)の身代わりとなって服役したという真相を知った衝撃は大きかったと思います。

ただ、それを含めてもやっぱり、はなのことが一番。結城に協力するのも、はなの骨髄移植手術のために結城に助かってもらいたい一心ですから。たった2週間かもしれないけれど、すみれにとっては自分の命にも代えがたい娘の大事な手術までの2週間なので、私自身もすみれとともに翻弄されながら、一つずつ大切に感情を追っていけたらと思います。





2週間自由だったら、おばあを連れて温泉へ


Q.『TWO WEEKS』にかけて、今2週間自由な時間があったら何をしたいですか?

やりたいことは、いっぱいありますね。でも、今やりたいなと思うのは、沖縄のおばあを連れて温泉に行きたいです。親孝行旅をしたいと思って、今年の5月に初めて父と母を連れてベトナムに行ったんです。どうやらそれをおばあが知って、「私も行きたかった」ってすねたらしくて(笑)。

以前、おばあを台湾に連れて行ったことがあったので、今回は両親を連れて行ったんですけどね。だから、ご機嫌取りのために国内でゆっくり。できれば紅葉の時期に行けたらいいなと思います。ただ、両親ももれなく付いてくると思うので(笑)、来られるメンバーを呼んで、みんなで行けたらいいですね。





Q.親孝行ですね。

自分もだんだん大人になってくると、友達と遊ぶのもいいですけど、やっぱり家族を大事にしたいと思うようになりました。いつまで一緒にいられるかわからないので、後悔しないように、できるうちにいろいろやりたいです。

もともと家族と仲はよかったんですけど、旅行に連れて行きたいとか、仕事の相談や、いろいろなことを話せるようになったのは、20代後半か30代に入ってから。いい意味で家族の形が変わってきたし、大人になったからこそ話せる話もたくさんあるので、そういう時間は大切にしたいと思います。





Q.ただ、温泉はそんなに長くは行かないですよね?

そうですね、3泊4日がいいところですよね(笑)。空いた時間は、海外に一人旅がしたいです。今まで、ニューヨークとサンフランシスコには一人で行きました。友達とは、年に1回は海外旅行に行きますが、アメリカやアジア圏内は結構行ったので、残りの10日間でヨーロッパに行きたい。異文化を経験したり、刺激を受けに行きたいです!


番組概要


『TWO WEEKS』


<放送>


毎週火曜夜21時~


<出演者>


三浦春馬、芳根京子、比嘉愛未、三浦貴大、稲垣来泉、近藤公園、鈴木 仁、バッファロー吾郎、磯村勇斗、原沙知絵、池田鉄洋、高嶋政伸、黒木 瞳 ほか


<原作>


『TWO WEEKS』(@MBC 脚本:ソ・ヒョンギョン)

カテゴリ