【男子のホンネ】彼と一緒に寝るときに気をつけたいこと3選

【男子のホンネ】彼と一緒に寝るときに気をつけたいこと3選

若くて体力があり、かつ、ラブラブなふたりは、何かに気をつけることなく、狭いシングルベッドで朝までぐっすり寝ていますよね。


ベッドから落ちないように気をつけているとは思うけど、彼氏と毛布を奪い合おうと、寝相が悪かろうと、そんなの関係なし。若さのすばらしい点です。


がしかし、そんなラブラブなカップルにおいても、彼と一緒に寝るときに気をつけたほうがいいことがあるんです。



腕枕のとき


彼氏に「腕枕してよ」とせがむのはかわいいと思うけど、でもぶっちゃけ、あれ、腕がしびれるんですよねえ……。


にもかかわらず、「腕がしびれたからひとりで寝てよ」と彼女に言うと、淋しがり屋な彼女の機嫌を損ねかねないなあ……。こんなことを思いながら、朝までしびれる腕を動かせずにいる男性もいるのだとか。


彼氏に腕枕してもらうのは、最初の3分くらいにしましょう。特に男子は、ふたりで寝ていても、ひとりで寝たいと思う生き物なのです。


つまり、彼女のことが大好きでも、寝るときは彼女に背を向けて寝る彼氏っているでしょう?そういう彼は、ふたりで寝たいけどひとりで寝たいと思っているのですよ。


もっとも、腕枕されたら落ち着いて眠れないとか、わたしも彼氏に背中を向けて寝ないと眠れないという女子には関係のないことですね。


手を繋いで寝るのは…


手を繋いで寝るカップルもいますよね。「おやすみ」と言って手を繋ぐ女子!で、彼が寝づらいなあと思ってそっと手を離すと「もお! なんで手を放すのよ!」なんて怒る女子!


怒っても怒らなくても、どうせ寝ている最中に寝返りを打ったりして手を離して、だらしない適当なかっこうで朝を迎えることになるのです。


手を繋いで寝るくらいなら、代わりに脚を絡めたり、同じ手でも、肩を触ったり、重ねたりするといいですよ。


イチャイチャは、朝起きてから、まどろみの中でもいいじゃないですか。


顔をくっつけて寝たら彼女の髪で顔がかゆい


【男子のホンネ】彼と一緒に寝るときに気をつけたいこと3選


仰向けで寝ている彼の顔に、自分の顔を近づけて寝る女子は要注意です。


彼があなたのことをいかに好きであっても、彼は「ちょっ!顔を近づけてくるなよ。顔に髪の毛がもしょもしょしてくすぐったいんだよね」と思っています。


おやすみしてから3分くらいは彼に顔をくっつけたりなんなり好きなようになさるといいと思いますが、3分経ったら別々の枕で安眠態勢に入ることをおすすめします。


おわりに


彼と付き合うまで、おそらくあなたは男子と一緒に寝ることがなかったと思います。


もちろん、高校時代や大学時代に、友だちの家に泊まって、友だちと一緒に寝たことはあるでしょう。友だち4人とひとつのシングルベッドで寝た、なんていう猛者もいますね。


そういう女子にとっても、大好きな彼氏と寝るというのは、とても特別な感じがするでしょうし、どこかしら異空間に寝ている感覚になりませんか?


彼も同じです。彼女と寝るのはとても特別なことで、いつもの自分の部屋がどこかしら異空間に思えてくるのです。


彼氏に顔をくっつけて寝なくとも、また、彼と手を繋いで寝なくても、彼はあなたと寝るという行為に興奮し、あなたのことを昼間以上に好きになっています。


だから、彼が寝やすい自由な体勢で寝かせてあげてください。


(ひとみしょう/作家)


(愛カツ編集部)



カテゴリ