新田真剣佑、1年半ぶり連ドラレギュラー 高畑充希の“同期”役

新田真剣佑、1年半ぶり連ドラレギュラー 高畑充希の“同期”役

 俳優の新田真剣佑が10月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『同期のサクラ』(毎週水曜 後10:00)に出演することがわかった。主演の高畑充希演じるサクラが勤めるゼネコン『花村建設』で出会う“同期”の一人・木島葵(きじま・あおい)役に起用。新田の連ドラレギュラー出演は『トドメの接吻(キス)』(2018年1月期)以来1年半ぶりとなる。



【写真】同ドラマで民放連ドラ5年ぶり出演を果たす橋本愛



 同ドラマは高畑が主演した『過保護のカホコ』制作チームが集結し、高畑と、脚本家・遊川和彦が再びタッグ。過疎の離島で育ち、故郷に橋をかけるという夢のためには、どんな障害にも自分を曲げない、忖度できないサクラが駆け抜けた10年間を毎話1年ずつで描いていく。



 サクラと、入社後配属までの研修期間、サクラと同じグループになった5人のうちの1人である葵は、国交省の幹部で厳格な父と、東大卒でエリート官僚の道を進む兄に強いコンプレックスを持つ。二人に続いて、東大進学を目指すが不合格となり、アメリカの大学に留学。卒業後、日本に帰国して「花村建設」に入社。新入社員ながらも「花村建設」の社長を目指すと明言する野心家だ。



 また、社長になる野望のためなら上司とも部下とも上手くやっていける、サクラとは対照的なキャラクター。「葵」の花言葉は、「大望」「野心」などの意味を持つ。「故郷に橋をかける」という明確な夢を持ち、どんな状況にも決して忖度しないサクラと共に10年を過ごすことで、人間として、男として成長をみせていく。



 高畑と、もうひとりの同期・月村百合を演じる橋本愛とは初共演。新田は「どんな現場になるのか楽しみにしています。葵の10年間の成長と変化を楽しみながら演じられたらと思っています。3ヶ月間よろしくお願い致します」と呼びかけている。



 大平太プロデューサーは「今回、出演をお願いするために、初めて新田真剣佑くんに会った時、その圧倒的なオーラに驚きました」と第一印象を明かす。葵は、家庭では、優秀過ぎる父と兄に疎外され、居場所がないけれど、反発する勇気もなく、会社で、精一杯、虚勢を張っている、複雑で繊細な心を持つキャラクター。「最初は、変わった動物でも見るような目で見ていたサクラが、彼にとって、かけがえのない存在になっていく10年間の変遷も丁寧に描いていくつもりです」と話している。
カテゴリ