一家の離散と逃避行! 愛する男に追われる泥棒娘

一家の離散と逃避行! 愛する男に追われる泥棒娘

8月29日(木)22時~『ルパンの娘』第8話





『ルパンの娘』第8話完全版


三雲華(深田恭子)の家族が“Lの一族”だということが警察に知られてしまう。指名手配された華たち家族は落ち合う場所決めて逃げていた。一方、華と交際していた桜庭和馬(瀬戸康史)は針のむしろ状態。典和(信太昌之)から“Lの一族”とは知らずに交際していたこを証明しろと言われてしまった。

警察の捜査をかいくぐり、華たちは集合場所へ。そこで、尊(渡部篤郎)は華、悦子(小沢真珠)、渉(栗原類)、マツ(どんぐり)にそれぞれ一万円と偽造免許証を渡し、新しい戸籍で生きるよう告げ、何十年先になるかわからないが必ず迎えに行くと三雲家の解散を宣言する。一方、和馬や巻栄一(加藤諒)たち捜査三課は、三雲家が身を隠しそうな都内の宿泊施設をしらみつぶしに調べていた。

華は漫画喫茶に隠れていたが、尊からもらったなけなしの金を奪われてしまい出て行くことになる。華と入れ違いに、和馬が聞き込みに来たが二人が会うことはなかった。





途方に暮れた華は、満足に食事も出来ずに街をさ迷ううちに倒れてしまった。華は場末のスナックのソファで目を覚ます。声をかけたのは店のママ、薄井佐知(遠野なぎこ)。華を救った佐知は食事を与え、事情も聞かずに店で働かないかと雇ってくれた。





和馬はなぜ警察の上層部が執拗に“Lの一族”を追うのかを元警視総監の孫、橋元エミリ(岸井ゆきの)に尋ねる。しかし、エミリに心当たりはない様子。そのエミリは、まだ和馬に想いを寄せていた。だが、和馬の心は華に残ったままだった。





華はスナックで働き始めると、たちまち客たちの人気者になる。華と同じく従業員の瀬川明世(中原翔子)にとっては面白くない。そんな時、佐知と明世はニュースで華の素性を知ってしまう。警察は華につながる情報に懸賞金をかけていた。佐知は明世に口止めし、捜査に来た制服警官に華のことを聞かれても心当たりはないと帰してしまう。





和馬は華の面影を探すように、園芸クラブの倉庫前に行く。すると、中から轟音が聞こえて扉が開いた。出て来たのは円城寺輝(大貫勇輔)。その時、和馬の携帯に巻からすぐに戻るようにと連絡が入った。

買い物に出かけた華がスナックに戻ると、カウンターで髪の長い女が泣いている。佐知は華に訳ありの客だと紹介するが、それは変装した悦子だった。と、そこに流しの男が入って来る。演歌歌手風の衣装に身を包む男は、尊だ。尊と悦子の嘘の身の上話にあきれる華が2階で休もうとすると、今度はマツまでやって来た。





一方、スナックの近くには和馬たち警察官が集結。懸賞金に釣られた明世が華の情報を売ったのだ。明世が持って来た華の指紋がついた瓶はすぐさま鑑識に回される。そんな事を知らない、カオスのスナック店内では佐知が身の上を語り始めていた。かつて佐知は店の客だった、浅見源太(本宮泰風)に惚れていた。

だが、はぐれ者だった源太は敵対する組の若頭を撃って逮捕されてしまう。佐知は源太に別れの手紙を書いた。すると、源太から出所した自分を待っていてくれるなら店に黄色いハンカチをぶら下げておいて欲しいという返事が来る。佐知は、源太が出所したという噂は耳にしたがハンカチを出せなかったことを後悔していた。なぜなら、若頭を撃ったのは別の組員で、源太は身代わりに出頭していたことを佐知が知ったからだった。そして、佐知は華たちに源太を盗んで欲しいと頼む。“Lの一族”なら出来るだろうという佐知の願いを華たちは引き受けた。

源太は出所以来、危険な仕事ばかりを押し付けられていた。その日は、麻薬の密輸だ。華たちは組員が集った倉庫に侵入し、源太を救い出す。渉は、てんとう虫3号で若頭を撃退。悦子が警察を呼んで、“Lの一族”は倉庫を後にした。





華たちは源太を佐知の店へ連れて行く。店には黄色いハンカチが掲げられていた。こうして、佐知は源太とよりを戻す。店内で一息ついた尊たちは華を残して帰っていた。すると、パトカーのサイレンが近づいて来る。華の指紋が一致したのだ。スナックはたちまち包囲されてしまう。和馬は巻に頼んで一人で店内へ。華は抵抗することなく和馬に手錠をかけられてしまった。


番組概要


『ルパンの娘』


<放送>


毎週(木) 22時~22時54分


<出演>


深田恭子、瀬戸康史、小沢真珠、栗原 類、どんぐり、藤岡 弘、(特別出演)、加藤 諒、大貫勇輔、信太昌之、マルシア、さとうほなみ、麿 赤兒、渡部篤郎 他

カテゴリ