【なつぞら】第23週「なつよ、天陽くんにさよならを」あらすじ

【なつぞら】第23週「なつよ、天陽くんにさよならを」あらすじ

 NHKで放送中の連続テレビ小説『なつぞら』(月~土 前8:00 総合ほか)。9月2日からの第23週「なつよ、天陽くんにさよならを」では、遅めの夏休みをとったなつ(広瀬すず)が娘の優を連れて十勝に帰省する。



【写真】入院した天陽(吉沢亮)を見舞う兄・陽平(犬飼貴丈)



 なつが新たに作画監督として手がけたテレビ漫画「魔界の番長」が放送される。しかし、娘の優は怖がって見ようとしない。坂場(中川大志)に、子どもは多感だからと言われるも、子どもが怖がるアニメを作ることに思い悩む。



 そんなある日、神地(染谷将太)はなつを呼び出し、麻子(貫地谷しほり)からマコプロに誘われていると告げ、神地の抱く夢を語るのだった。さらに、坂場からは「大草原の小さな家」という本を手渡され、これを原作に一緒にテレビ漫画をつくろうと持ちかけられる。東洋動画を辞めるべきか、仲(井浦新)に恩義を感じるなつはますます悩むことに。



 一方、十勝では体調を崩した天陽(吉沢亮)が…。 夏が過ぎ、優を連れて久しぶりに十勝に帰省したなつは、雪月に立ち寄り、雪之助(安田顕)から天陽が新しくデザインした店の包装紙を見せてもらう。
カテゴリ