ディズニーファンの祭典『D23Expo 2019』事後レポート【劇場公開作品編】

ディズニーファンの祭典『D23Expo 2019』事後レポート【劇場公開作品編】

 世界で最初に開園したディズニーランドがある米カリフォルニア・アナハイムで8月23日~25日、ディズニーファンの世界的祭典『D23 Expo2019』が開催された。現地取材から帰国し、速報できなかった情報をここにまとめた。



【写真】『D23Expo 2019』フォトギャラリー



【3】劇場公開作品のプレゼンテーション



 8月24日には、ルーカス・フィルム、マーベル・スタジオ、ディズニーのライブアクション(実写映画)、ピクサーとディズニーのアニメーション・スタジオの新作映画のプレゼンテーションが行われた。



【ルーカス・フィルム】

●『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(12月20日公開)



 ステージには、ルーカス・フィルム社長のキャスリーン・ケネディ、J.J.エイブラムス監督、主人公レイを演じたデイジー・リドリー、レイを支えるフィン役のジョン・ボイエガ、ポー・ダメロン役のオスカー・アイザック、チューバッカを演じるヨーナス・スアタモ、ローズ役のケリー・マリ―・トランら、前の2作品に出演したキャスト。本作に初登場するナオミ・アッキー、ケリー・ラッセル、C-3POを演じるアンソニー・ダニエルズと、ランド・カルリジアンとして再びスクリーンに帰ってくるビリー・ディー・ウィリアムズが登壇。R2-D2、BB-8、本作から新たに登場するD-Oら人気ドロイドも勢ぞろいした。



【マーベル・スタジオ】

●『Black Widow(ブラック・ウィドウ:原題)』



 MCU「フェーズ4」のトップバッターとなる、スカーレット・ヨハンソン演じるナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ初の単独映画。ソ連のキャプテンアメリカとも呼ばれるレッド・ガーディアン役でデヴィッド・ハーバー(『ストレンジャーシングス』ジム・ホッパー役など)、2人目のブラック・ウィドウ、エレーナ・ベロワ役でフローレンス・ピューが出演。女性監督のケイト・ショートランドのもと、英ロンドンでまもなく撮影を終えようとしている。会場では、撮影現場で特別に制作された映像が上映された。



●『Black Panther 2(ブラックパンサー2:原題)』(2022年5月6日全米公開)



 マーベル・スタジオの社長ケヴィン・ファイギと『ブラックパンサー』の監督兼共同脚本のライアン・クーグラーが登壇し、『ブラックパンサー2』が2022年5月6日に全米公開予定であることを発表した。



●『The Eternals(エターナルズ:原題)』(2020年11月6日に全米公開)



 新たなヒーローチームを描く『The Eternals(エターナルズ)』。宇宙の力を持つイカリス役のリチャード・マッデン(『ゲーム・オブ・スローンズ』のロブ・スターク役など)。キンゴ役のクメール・ナンジアニ(『メン・イン・ブラック:インターナショナル』など)。スピードスター、マッカリ役には、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)で初となる聴覚障がいのある女優ローレン・ライドロフ(『ウォーキング・デッド』コニー役など)を起用。



 発明家ファストス役のブライアン・タイリー・ヘンリー、精神的な指導者アジャク役のサルマ・ハエック。永遠の若さを誇るスプライト役のリア・マクヒュー。ギルガメッシュ役のマ・ドンソク。そして、戦士テナ役のアンジェリーナ・ジョリー。



 さらに、3人の新しいキャストが発表された。人類を愛するセルシーを演じるのは、ジェンマ・チャン。ブラックナイトことデーン・ホイットマン役に『ゲーム・オブ・スローンズ』ジョン・スノウ役で知られるキット・ハリントン。孤高のエターナルズ、ドルイグ役でバリー・コーガンが出演する。監督は、サンダンス映画祭で『ザ・ライダー』(2017年)が絶賛された中国系アメリカ人のクロエ・ジャオが務める。



【ディズニー】

●『マレフィセント2』(10月18日、日米同日公開)



 主演のアンジェリーナ・ジョリー、オーロラ役のエル・ファニング、そして、フィリップ王子の母を演じるミシェル・ファイファー、オーロラの兄を演じるキウェテル・イジョフォーが登壇。本作の監督は、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』のヨアヒム・ローニングが務める。



●『ムーラン』(2020年3月27日全米公開)



 1998年のアニメーション映画をニキ・カーロ監督が実写化。カーロ監督は「一番の魅力はムーランというキャラクターでした。小さな村の少女が戦士になるというストーリーには、みんな共感するでしょう。そして、これは今の時代にタイムリーでもあります。1500年ほど前に生まれた話なのに、今の人にインスピレーションを与えるのです」と、同作へかける情熱を表した。



 『ムーラン』は、はるか昔の中国が舞台。由緒あるファ家のひとり娘ムーランは、年老いた父が国を守る戦いに行かねばならないと知り、自ら長い髪を切り、少年に姿を変えて、父の代わりに軍に加わって大活躍する。



 さらに、アニメーション映画『101匹わんちゃん』に登場するヴィラン(悪役)、クルエラ・ド・ヴィルが主人公の『Cruela(クルエラ:原題)』の特別映像も公開された。本作には、エマ・ストーンとエマ・トンプソンという、ふたりのエマが出演する。監督は、クレイグ・ガレスピーが務め、1970年代のパンクロック要素を取り入れた作品になるという。2021年5月28日全米公開。



●『Jungle Cruise(ジャングル・クルーズ:原題)』(2020年7月24日全米公開)



 実写映画製作を手がけるウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャー・プロダクション社長のショーンベイリーは、まずディズニーランドの人気アトラクションを実写映画化する『ジャングル・クルーズ』(ジャウム・コレット=セラ監督)を紹介。リバー・ボートの船長、フランク・ウルフを演じるドウェイン・ジョンソンは、オリジナルのジャングルクルーズ・ボートに乗って登場し、会場を盛り上げた。



 「僕はこれをビッグな映画にしたかったんです。エピック(epic=最高、スゴい、カッコイイなどの意味)で、ロマンスがあって、コメディーとアクションがある映画に。でも、何よりも、これには、僕が出ているんですよ!」と、観客に呼びかけ、笑いを誘った。



 ここでトレーラーが上映され、「これは僕の好きな『インディー・ジョーンズ』、『ロマンシング・ストーン』、ハンフリー・ボガート(『カサブランカ』などに出演した俳優)、マイケル・ダグラス、ハリソン・フォードなどにインスピレーションを得ています。ヒーローが世界を救う映画ですよ」と、アピール。



 さらに、科学者で探検家のリリー・ホートン役エミリー・ブラントがクラシックカーに乗って現れ、今度はリリー目線のトレーラーが上映された。「私も『ロマシング・ストーン』や『インディー・ジョーンズ』を見て育ったんです。この映画にはその精神があります。そういうものに関わらせていただいたことを、光栄に感じています」と、話していた。



 ジョンソンは、2015年に『モアナと伝説の海』のマウイ役の声優として、エミリーは17年に『メリー・ポピンズ リターンズ』のメリー・ポピンズ役で『D23』に参加している。



【ピクサー】



 ピクサーでは2020年に2本のオリジナル映画の公開を控えている。プレゼンテーションを行ったのは、ピクサー・アニメーション・スタジオのチーフ・クリエイティブ・オフィサー(CCO)であるピート・ドクター。彼は、1990年代、スティーブ・ジョブスがいた頃からピクサーで働き、『トイ・ストーリー』の1作目にも関わっている。



●『ソウル』(2020年6月19日全米公開)



 ドクター自ら監督する作品。共同監督兼脚本家のケンプ・パワーズ、作家のマイク・ジョーンズ、プロデューサーのダナ・マーレイも登壇して、作品をアピールした。



 ドクター監督は「ピクサーはこれまでにも、とっても奇妙な映画を作ってきました。ゴミを集めるロボットや、家を飛ばすおじいちゃんの話など。それらを世界中の人が共感してくれた。僕たちは、そこを何よりも重視しています。『Soul』では、我々はどうして存在するのかという問いかけをします。そういうのをアニメーションでやる人って、ほかにいませんよね(笑)」とコメント。



 同映画では、自分自身の内面と向き合う、現実と魂の世界が描かれる。主人公ジョー・ガーデナーの声優は、ジェイミー・フォックス。トレーニング中の魂「22(522)」と呼ばれるキャラクターにティナ・フェイ。ドラマーのカーリー役にクエストラブ。ジョーの母リーヴァ役にフィリシア・ラッシャッド。ちょっと意地悪なご近所さんをデイビード・ディグスが演じる。



 本作で重要な役割を担う音楽は、世界的に有名なミュージシャンのジョン・バティステが映画のためにオリジナルのジャズ音楽を書き、トレント・レズナー&アッティカス・ロスもソウルテイストのオリジナル曲を提供する。



●『2分の1の魔法(原題:Onward)』(日本では2020年3月13日公開)



 魔法が消えかけた世界に暮らす、魔法を使えない内気な少年イアン。イアンは自分が生まれる前に亡くなった父に一目会うために、好奇心旺盛な兄のバーリーと共に、魔法を取り戻す冒険に出る、というストーリー。イアンを演じるトム・ホランド、バーリー役のクリス・プラットも登壇した。



 マーベル・スタジオ作品でもおなじみの2人(トム・ホランドはスパイダーマン、クリス・プラットは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のクイル)。プラットは「トムは前から僕の弟みたいな存在でした。それはこの映画に反映されていると思います。ピクサーの映画をやれたのもうれしい」。トムは「D23に戻ってこられてうれしいですよね。前にここに来た時、僕らは宇宙の話を語っていた(『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』)のに、今度はエルフの兄弟なんですからね」と、それぞれコメント。



 さらに、彼ら兄弟の母親を演じるジュリア・ルイーズ・ドレイフュス(『バグズ・ライフ』など)が登壇し、フッテージが上映された。



 最後に、トム・ホランドは「今週は大変な週でした」と、スパイダーマンのMCU離脱騒動を匂わせながら、「僕はとても感謝しているということを皆さんにお伝えしたいです。心の底からです」と語ると、観客から大きな拍手が送られた。



【ディズニー・アニメーション】



●『Raya and the Last Dragon(原題)』(2020年11月25日全米公開)



 ポール・ブリッグス(『アナと雪の女王』『ベイマックス』など)とディーン・ウェリンズ(『塔の上のラプンツェル』など)が監督を務め、脚本はアデル・リム(『クレイジー・リッチ』など)、プロデューサーはオスナット・シューラー(『モアナと伝説の海』)という布陣によるファンタジー・アクション・アドベンチャー。



 同作のために、東南アジアのラオス、タイ、カンボジア、べトナム、インドネシア、バリ島などを訪れ、インスピレーションを得たという。架空の王国クマンドラの孤独な戦士ラヤの声優はキャシー・スティール。ドラゴンのシスの声は、オークワフィナが担当。脚本を手掛けるアデル・リムは「これは社会のはみ出し者たちの話。彼らが家族を築いていくんです。この映画は、コミュニティーについての物語」と、テーマを明かしていた。会場では、3分間の独占映像が初公開された。



●『アナと雪の女王2』(11月22日、日米同時公開)



 ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオのプレゼンテーションは、チーフ・クリエイティブ・オフィサーのジェニファー・リーと、クリス・バックが共同監督で手掛ける『アナと雪の女王2』。新キャストとして、アレンデールの元王妃であり、今は亡きエルサとアナの母親イドゥナ役に、エミー賞受賞の『ウェストワールド』に出演している女優エヴァン・レイチェル・ウッド。新キャラクターとして登場するマティアス少尉役に、映画『ブラックパンサー』に出演していたスターリング・K・ブラウンが壇上で紹介された。



 待望の新曲もお披露目された。前作の「レット・イット・ゴー」に匹敵する主題歌の1つ、エルサの複雑な想いを表現した楽曲「イントゥ・ザ・アンノウン(原題)」がかかる映像が上映された。



 作詞、作曲を手掛けたクリステン・アンダーソン=ロペスは「エルサは前作で“ありのまま”の自分になり、みんなに受け入れられました。今作ではそんなエルサにだけ“不思議な歌声”が聞こえてきます。その時のエルサの心情を表した歌を書くことになりました」と、新曲について語っている。続けて、ロバート・ロペスが「そのミステリアスな導く声はエルサ以外、誰も聴くことはできません」と、エルサを冒険に誘う重要な楽曲であることを明かした。



 もう1曲、エルサ、アナ、クリストフ、オラフのメインキャラクター4人によるアンサンブル曲「サムシング・ネバー・チェンジ(原題)」。イベントでは、スペシャルゲストとして、エルサ役イディナ・メンゼル、アナ役クリステン・ベル、オラフ役ジョシュ・ギャッド、クリストフ役ジョナサン・グロフが登場し、楽曲を生披露してイベントを盛大に締めくくった。
カテゴリ