SixTONES&Snow Man、ジャニーさんに誓う「これからの時代作る」【全員コメント掲載】

SixTONES&Snow Man、ジャニーさんに誓う「これからの時代作る」【全員コメント掲載】

 来年2020年に同時デビューを控えるジャニーズJr.の人気グループ・SixTONESとSnow Manが4日、東京ドームで開催されたジャニー喜多川社長(享年87)を偲ぶ『ジャニー喜多川 お別れの会』関係者の部に参列した。献花後には、2グループそろって報道陣の取材に応じた。



【写真】紅白金の垂れ幕や映像などで彩られたジャニーさんのステージ



■以下、SixTONES、Snow Manのコメント



●SixTONES

ジェシー

「たくさんの先輩方、後輩たちと同じ空間で、ジャニーさんを送って絶対観てくれてると思うので、ジャニーさんに『SixTONES、みとけよ』という一言と『後で電話するね』って伝えました。(電話は)心のなかで」



高地優吾

「まずこの世界に入れてくれてありがとう、という感謝と番組の公開オーデションでジャニーさんがひと声をかけてくれて、視聴者投票という形でしたけど、芸能界に入れたのでジャニーさんは自分の人生を変えてくれたすごい方なので、『ありがとう』と感謝の気持ちを伝えました」



京本大我

「人前に出るのが得意ではない方だった。ジャニーさんに出会ってパフォーマンスする楽しさを知った。唯一ジャニーさんにほめていただいたのは、歌なので、これからもデビューさせていただきますし、これからたくさんの場所で歌でいろいろなことを届けていきたいと決意表明をさせていただきました」



田中樹

「ジャニーさんにはよく『頑張るのは当たり前、誰でもできる』と言われたので、頑張るね、とかでなくジャニーさんゆっくり休んでねと一言だけ伝えました」



松村北斗

「献花する時に『ありがとう』の一言だったんですけど、裏ではジャニーさんという時代を築き上げた方とともに生きてきたタレントの一人だということを胸にこれからも、時代を背負っていけるような人間に、グループになりたいという思いを込めながら伝えました」



森本慎太郎

「僕はジャニーさんにスカウトされて入ったので、拾っていただきありがとうございますという感謝と、9月からはジャニーさんの大好きだった『少年たち』という舞台と、10月からはSixTONESのライブツアーが始まるので、そこから世界にも行きたいですし、全世界どこにいっても絶対観に来てねと伝えました」



●Snow Man

向井康二

「きょうのお別れの会は笑顔で見送ろうと。感謝の気持ちと、僕はジャニーさんに見つけてもらったので。めちゃくちゃ良い笑顔で『これからも見守っていてね』ということを伝えました」



目黒蓮

「中学2年生の頃から本当に親のように育ててくれた。これから自慢の息子になるねと伝えました」



渡辺翔太

「SixTONESとSnow Manが同時にデビューすることが決まったので、このジャニーさんから頂いたチャンスを無駄にしないよう、ジャニーズをこれからも盛り上げていくよという気持ちで頑張ります」



宮舘涼太

「感謝もありますし、居場所の与えてくれてありがとうという気持ち。それと見守っていてくださいという気持ちを伝えました」



深澤辰哉

「この広い世界でSixTONESとSnow Man、それぞれをこうやって出会わせてくれたのはジャニーさんのおかげ。その感謝と、これからも頑張るよと伝えさせていただきました」



阿部亮平

「このタイミングでデビューすることは本当にうれしいことですし、感謝しないといけないこと。僕たちがジャニーズを盛り上げて、ジャニーさんがいる場所まで、その盛り上がりが届けばいいな」



ラウール

「ジャニーさんに僕の人生を変えてくれた感謝を伝えました。このタイミングでデビューを決めてくださったということで、期待もすごくあったと思う。それにこれから応えていければ」



佐久間大介

「やっぱりジャニーさんは泣き顔は嫌いだったので、笑顔の大切を教えてくれてありがとう。僕たち今後アジアツアーもやりますからライブ会場に見に来てほしいと伝えました。絶対観に来てくれると思います」



岩本照

「改めて人との出会いやご縁を教えてくださったのはジャニーさん。この時代にともに行きれてよかった。ジャニーさんが昭和、平成、令和とつないでくれたバトンをSnow Man、SixTONESとこれから出てくるスターたちみんなで時代を作れたら。生まれ変わってもジャニーズに入りたい」
カテゴリ