ただの同僚だったのに!職場の女性を意識した瞬間3つ

ただの同僚だったのに!職場の女性を意識した瞬間3つ

職場恋愛にあこがれている人も少なくないですよね。職場恋愛はどんなきっかけでスタートするのでしょう。


今回リサーチするのは、男性が職場の女性を異性として意識した瞬間。


ただの同僚と思っていた相手をどんなタイミングで意識するのか、考察してみましょう。



いつもと違うほろ酔いの姿を見て


「同じ部署の独身のアラサー同士をくっつけようというおせっかいで、飲みの帰りに2人きりに。


ツンツンしているのかと思いきや、ほろ酔い姿の彼女はなんともかわいい!


思ったよりも気さくで話しやすく、いつもと違う一面を見てから目で追うようになっていました。


私の気持ちに気か付いた周囲の協力もあり一緒に仕事する場面も増え、お付き合いすることになりました」(28歳/公務員)


仕事中の姿とプライベートの姿は多少なりとも違いますよね。


仕事とは違う一面を垣間見ることで、異性として意識し始めることもあるようです。


仕事とプライベートの姿にギャップがあると、なおのこと意識するきっかけになるという声も。


仕事の姿勢をほめられて


「仕事のミスが続き落ち込んでいるとき、同期が飲みに誘ってくれました。


その席で『頑張ってるの知ってるよ!』と、仕事の姿勢ややり方をさりげなくほめてくれました。


陰ながらの努力も見ていてくれたんだと素直に嬉しくなり、それまでただの同僚だった彼女が気になる異性になったきっかけに。


定期的に飲みに行き、距離を縮める努力中です」(26歳/食品メーカー勤務)


仕事に重きを置く男性は特に、仕事の姿勢をほめられるとうれしいようです。


いいな、すごいなと思ったところがあれば、直接伝えるようにしましょう。


直接伝えるのが難しいなら、他の人を介してでも構いません。


自分のいないところで自分のことを褒めてくれていると、より嬉しいもの♡気になる相手のいいところを見つけるようにしておきましょう。


一生懸命な姿を見て


ただの同僚だったのに!職場の女性を意識した瞬間3つ


「女子社員はテキトーに仕事をしている人も多い中、真面目に仕事に取り組んでいた彼女。


忙しいプロジェクトを任され、連日残業している女子社員は彼女だけでした。


男性と並んで働く、他の女子とは違う姿にときめくように。


残業の合間に一緒に一息ついたり相談にのったりしているうちに距離が縮まり、気がついたら好きになっていました」(28歳/メーカー勤務)


同じ会社で働いていると一番多く目にするのは、やっぱり仕事をしている姿。


仕事に一生懸命な姿を魅力的と感じる男性は多数派のようです。


一緒に残業する場面があると、より距離が縮まりやすくなるみたいですよ。


要領よく、というのも大事ですが、目の前の仕事に全力で取り組む姿勢が好印象のカギ!


職場恋愛のきっかけを作ろう


相手の仕事をしている姿を垣間見ることができる職場恋愛。


職場恋愛をするためには、まず異性として意識させないことには始まりませんよね。


男性が職場の女性を意識した瞬間を参考にして、職場恋愛のきっかけ作りから始めてみてはいかがでしょうか。


(愛カツ編集部)



カテゴリ