関ジャニ∞、11月から47都道府県ツアー開催 5人で活動継続を明言「続けるという道を選んだ」

関ジャニ∞、11月から47都道府県ツアー開催 5人で活動継続を明言「続けるという道を選んだ」

 人気グループ・関ジャニ∞の錦戸亮(34)がグループを脱退し、9月末をもってジャニーズ事務所を退所することが5日、公式サイトで発表された。残るメンバーの横山裕、村上信五、丸山隆平、安田章大、大倉忠義はファンクラブ上で動画コメントを公開。初めて5人だけでの姿を見せ、11月より5人体制での活動継続、さらに2007年以来自身2度目12年ぶりとなる47都道府県ツアーの開催を発表し、前向きな姿勢を貫いた。



【写真】関ジャニ∞がお人形に?『GR8EST BOY』たち



 今月3日まで、錦戸を含めデビュー15周年を記念した5大ドームツアー『十五祭』を行っていた同グループ。4月から一部で報じられてきた錦戸の脱退報道について、大倉は「15周年ライブを大事に6人で走りきりたいという気持ちが強く、(正式報告が)ここまで遅くなってしまいました」と説明した。



 続けて「今ショックというかいろいろな感情のなかで、見ていただいていると思うんですけど。僕たちは去年から話し合ってきて複雑ではあるんですけど、みなさんより一歩前に立って活動していかなければならないと、今ここに立っております」と複雑な心境を吐露した。



 横山は「僕たちも正直、追いついていない部分もあるんですけど。ただ僕たちは続けるという道を選んだわけですから、これからはファンのみなさまと一緒に歩んでいきたいと思います」と前向きに決意。安田も「つらかろうがしんどかろうが、未来が明るければ一生懸命歩めればいいじゃないと思っています。一つひとつ大事に、落としていかないように思ってます」と決意を固めた。



 そこで、村上から促され、大倉の口から47都道府県ツアーが発表された。10月からは安田が主演舞台を控え、各メンバーも個人の仕事が充実しているなか、怒とうのスケジュールが予想されるが、横山は「僕らは『関ジャニ∞を頑張る』ことをするんです。これから、本当に挑戦です。ファンの皆様が支えてくれて、応援して頂けたら幸いでございますから、よろしくおねがいします」と改めて宣言。村上は「次会うときは5人の関ジャニ∞になりますけども、心機一転、また今まで以上の輝く関ジャニ∞を皆さんに届けたいと思いますので。今後とも関ジャニ∞をよろしくお願いいたします!」と頭を下げた。



 同グループは2002年12月に関西ジャニーズJr.として、錦戸、横山、村上、丸山、安田、大倉、渋谷すばる、内博貴の8人で結成された。04年8月25日に関西限定地区シングル「浪花いろは節」にてCDデビュー(その後、9月22日に全国発売)。全員が関西出身のトーク力とバンドスタイルでのパフォーマンスが人気を集め、12年には『NHK 紅白歌合戦』初出場を果たし、昨年まで7年連続で出場してきた。
カテゴリ