週刊文春、EXIT兼近報道について「現在の兼近さんを否定するものではありません」

週刊文春、EXIT兼近報道について「現在の兼近さんを否定するものではありません」

 お笑いコンビ・EXITの兼近大樹(28)が、過去に売春防止法違反の疑いで逮捕されていたことを『週刊文春』および『文春オンライン』が報じたことを受け、所属事務所の吉本興業は5日、公式サイトで報道に対して抗議をするとともに、「法的措置についても検討」していることを公表。これを受けて『週刊文春』が公式サイトで同日、見解を発表した。



【写真】EXIT兼近、“ゲキヤバ行動”の父親とテレビ出演



 記事では、兼近が2011年11月に女子高生の売春の斡旋をしていたとして、売春防止法違反の疑いで北海道警厚別署に逮捕されていたと報道。兼近は自身のSNSで「今回の事で改めて自らの過去としっかりと向き合おうと思いました。兼近は過去の法律違反を美談にする気も肯定する気もありません。今は永遠に背負い続け、こんな俺が夢を見たり簡単に他者と関わってはいけないと再認識しています」と謝罪した。



 『文春』サイトでは「今回、兼近さんの過去について、新たな情報を入手し、逮捕時に兼近さんは成人だったこと、その事実は実名で報道されていることを確認しました。また、当時の関係者にも取材を行いました。そうした結果を受けて、兼近さんに取材を申し入れたところ、約20分にわたり、真摯に応じていただいたことは、誌面にある通りです」と今回の取材経緯を説明。



 兼近が取材に対して語った言葉を掲載し「兼近さんという芸人を語る上で、逮捕の過去は、切り離せない事実です。また、テレビ番組に出演し、人気を集める芸人は、社会的に影響力が大きい存在です。『週刊文春』では、兼近さんが取材に対して、『やっと話せる』『すべてをさらけ出してほしい』と説明されたことを踏まえて、記事を掲載しました」と今回の掲載に至った理由を説明した。



 今回の記事についても「お読みいただければわかるように、『週刊文春』記事は逮捕の過去によって現在の兼近さんを否定するものではありません。兼近さんという芸人がいかに生まれたのかを、ご本人の言葉によって伝える記事であることは、読者の皆様にご理解いただけるものと思います」と意図を伝えている。
カテゴリ