Matt、芝居経験ゼロで初CM「難しかったですね」 父・桑田真澄氏は喜び

Matt、芝居経験ゼロで初CM「難しかったですね」 父・桑田真澄氏は喜び

 元プロ野球選手で解説者の桑田真澄氏(51)の次男で、モデルとして活動しているMatt(25)が、有楽製菓『ブラックサンダー』発売25周年を記念した新CMに起用され、9月6日(クロの日)からWEBCM『ブラックサンダーMATT』が公開する。



【動画】見どころ満載初CMで迫真の演技をしたMatt



 第1弾となる「ブラックサンダーMATT -狂気!タピオカ大行列 編-」では、Mattが、まゆげに装着したブラックサンダーで、アンドロイドヒーロー“ブラックサンダーMATT”に変身し、タピオカ屋の行列に並ぶ悩める若者を救う。



 CM内に登場する“ブラックサンダーMATT”や若者たちの顔の“加工”は、Matt本人の監修で、全員の“Matt 化”を実現。美しいMattが謎のヒーローとしてみんなに優しく寄添い人々を救っていく、壮大でコミカルな世界観を届ける。



 CMに登場する人物の顔の加工を監修したMattは「マット肌」や「両目と口を結ぶ三角形」のバランス、「上唇の山」の形にいたるまで、細部まで美へのこだわりを追求。Matt は「“Matt 化”の秘訣は、陶器のようなマット肌にすること。そして細かく細かく、調整すること。大胆に加工するのではなく、細部にこだわって理想の形を追求することで、自分の中のファンタジーを表現しています」と語っている。



 撮影を終えMattは「お芝居を経験したことがなくて、表情を作るというのをなかなかやる機会がないので、初めてそういうことができてすごく良い経験になりました」と振り返り「『あー!』ってなって(感情を爆発させて)いる時とか、そういうのってあまり日常生活にないじゃないですか。だから難しかったですね」。



 今後の展望には「本当は音楽をやりたくてこの世界に入ったんですけど、時代的にも男性がメイクするというのがすごくフィーチャーされて、僕もそこに注目していただいてうれしかったです。メイクの勉強をするようになって、こういう顔になって、CMもいただけたので、本当に美容をちゃんとやってきて良かったなと思っているんですけど、やっぱり本当は音楽がやりたかったので、これからは音楽をやりながら、メイクとブライダル(モデル)をやっていきたいなと思っています」とコメント。



 最後に自身の「ヒーロー」について聞くと「やっぱり、お父さんですね。自分がピンチの時はたくさんアドバイスをくれて、助けてくれたので。この世界に入る前もたくさん助けてもらったので、自分にとっては本当にもったいないくらいの素敵なお父さんでいつも感謝しています」といい「実は打ち合わせの時に(父が)たまたま仕事を近くでやっていたので、二回目の打ち合わせの時に父がふらっとそこに来てくれて一緒に打ち合わせして(笑)。『ここ(まゆげ)にチョコレート乗っけるんだよ』とか言って。すごく喜んでくれていました」と明かしていた。



■Mattインタビュー 初CMでの芝居は「良い経験になりました」



――撮影で、印象的だったことや難しかったことは?

お芝居を経験したことがなくて、表情を作るというのをなかなかやる機会がないので、初めてそういうことができてすごく良い経験になりました。「あー!」ってなって(感情を爆発させて)いる時とか、そういうのってあまり日常生活にないじゃないですか。だから難しかったですね。



――普段どのようなときにブラックサンダーを食べますか?

きょうも実は来る時に食べました。チョコレートは毎日食べるようにしていて、決まった時とかではなく、自由に食べていますね。



――CM でもまゆげがブラックサンダーになるシーンがありますが、美しいまゆげのこだわりは?

まゆげは、絵でいう“額”みたいな存在なので、本当にまゆげ一つで表情とかその人の印象ってすごく変わると思います。メイクで一番大切にしてほしいなって思うので、皆さんもまず自分に合ったまゆげを研究してほしいです。僕もナチュラルメイクの時とか、まゆげを変えます。まゆげで遊べるんですね、今日はこういう表情にしたいなと思ったらそれに出来るので。だからいろんなまゆげを勉強してそれを身につけたら、そのテーマに沿って出来るので、自分に合ったまゆげを何個か見つけるのが大切だなと思います。



――今回は美しい顔の加工を Matt さん自身が監修していますが“Matt化”の秘訣やこだわりは?

やっぱり一番は、メイクもなんですけど、肌を陶器のようにマット肌にして、そこが一番“Matt 化”というか、Matt加工の大切な部分で。あとは形を変える作業も、結構細かくやる。大胆にやるのではなくて、かなりズームして細かくやっていって自分の理想の形とか、不自然かもしれないけれどそこに綺麗っていう部分があったり神秘的な部分があったりして、自分の中のファンタジーの世界を表現する上で、メイクと加工が必要。「スキンケアがあってのメイクがあっての加工があってのMatt」みたいな感じで、僕には欠かせないものですね。



――今回はブラックサンダー発売25周年というタイミングでのコラボですが、25歳のMattさんの今後の展望は?



本当は音楽をやりたくてこの世界に入ったんですけど、時代的にも男性がメイクするというのがすごくフィーチャーされて、僕もそこに注目していただいてうれしかったです。メイクの勉強をするようになって、こういう顔になって、CM もいただけたので、本当に美容をちゃんとやってきて良かったなと思っているんですけど、やっぱり本当は音楽がやりたかったので、これからは音楽をやりながら、メイクとブライダル(モデル)をやっていきたいなと思っています。



――Mattさんにとってのヒーローは誰ですか?

やっぱり、お父さんですね。自分がピンチの時は沢山アドバイスをくれて、助けてくれたので。この世界に入る前も沢山助けてもらったので、自分にとっては本当にもったいないくらいの素敵なお父さんでいつも感謝しています。実は打ち合わせの時に(父が)たまたま仕事を近くでやっていたので、二回目の打ち合わせの時に父がふらっとそこに来てくれて一緒に打ち合わせして(笑)。「ここ(まゆげ)にチョコレート乗っけるんだよ」とか言って。すごく喜んでくれていました。



――CM を見ている皆さんへ、一言お願いします。

今回、初めて CM に出させていただいて、本当に嬉しく思っています。皆さんもこれからもっともっと沢山ブラックサンダーを食べてください。みんなもやってみて、イチ、ニ、サンダー!

カテゴリ