美佐子と美里“W田中”の対決に遠藤憲一ショック!「俺ほんと最低…」

美佐子と美里“W田中”の対決に遠藤憲一ショック!「俺ほんと最低…」

9月7日(土)23時40分~『それぞれの断崖』第6話





9月7日(土)放送の第6話を含み、最終回まであと3回となった、フジテレビ系で放送中のオトナの土ドラ『それぞれの断崖』。

遠藤憲一演じる“被害者の父”志方恭一郎と田中美里演じる“加害者の母”八巻はつみとの不倫現場を、恭一郎の娘や妻が目撃。修羅場につぐ修羅場の展開に、「大好きなエンケンさんが嫌いになりそう」「この先どうなるのか見届けたい」と賛否両論が巻き起こっている。

第6話では、恭一郎の家庭が崩壊。恭一郎の素性を知ったはつみは、姿を消してしまう。その後、恭介(渡邉蒼)の一周忌をきっかけに、はつみを捜し出した恭一郎は、「一緒に生きていこう」と訴える。ところが、はつみから浴びせられたのは「あなたは、自分の息子を殺した人間と一緒に暮らせるんですか?」という言葉だった…。

そして、第6話のもうひとつの見どころは、恭一郎の妻・雪子(田中美佐子)と、はつみ(田中美里)がついに対峙するシーンだ。


女優2人の壮絶な演技合戦が始まる


普段ならキャストらの笑い声が聞こえる、志方家のリビング・ダイニングのセット。だが、この日は少し違った。

監督を交え、遠藤、田中美里、田中美佐子が「どんな気持ちでこのセリフを言えばいいのかわからない」「このセリフは、こういう言い方に変えたい」と意見を交わす。役に気持ちが入っているからこそ、様々な意見が出でくるのだろう。

話し合いが終わると、田中美佐子から「よーし、負けないぞー!」と、初対決シーンへの決意を示すかのような声が現場に響いた。




雪子役の田中美佐子




はつみ役の田中美里


ソファに対面するように座る雪子とはつみ。恭一郎は、どちらのソファにも座ることなくひとり、少し離れたダイニングテーブルの椅子に座る。視覚的にも三角関係がはっきりとわかるような構図だ。

テーブルには、はつみに見せつけるように、恭介の遺影が置かれている。

リハーサルから涙を流して迫真の演技をする“W田中”。そして迎えた本番、雪子は、あえて怒りを抑えたかのような静かな口調でセリフを言い、対するはつみは、泣きながら土下座し、小さく肩を震わせる。取材をしている我々も鳥肌が立つほどの渾身(こんしん)の演技だった。




遠藤憲一演じる恭一郎は、この修羅場をどうする?


無事に収録を終えると、田中美佐子が、遠藤とのこんな秘話を明かしてくれた。

田中:毎回、芝居が終わると遠藤さんが来るんです。「ほんと美佐子ごめん。ごめん美佐子ぉ」って(笑)。「いや、エンちゃん大丈夫だよ。芝居でショック受けているだけだから気にしなくていいから」と言っているんだけど、「いやもうマジ、俺ほんと最低」って毎回、毎回謝りに来て(笑)。芝居か現実か、もうみんな混同しちゃってわかんなくなっちゃう。

第6話では、恭一郎、雪子、はつみの“それぞれのけじめ”も明かされる。


番組概要


オトナの土ドラ『それぞれの断崖』


<放送>


9月7日(土)23時40分~24時35分


<出演者>


遠藤憲一
田中美里
清水大登
渡邉 蒼
永瀬莉子
仁村紗和 
内田 滋
梨本謙次郎
目黒祐樹 
 ・
田中美佐子

ほか

カテゴリ