関口メンディー、GP帯ドラマ初出演でドッキリ疑う “ムダマッチョ”な役に起用

関口メンディー、GP帯ドラマ初出演でドッキリ疑う “ムダマッチョ”な役に起用

 EXILE/GENERATIONSのパフォーマー・関口メンディーが、10月17日放送のフジテレビ系木曜劇場『モトカレマニア』(毎週木曜 後10:00)に出演することがわかった。メンディーがゴールデン・プライム帯のドラマに出演するのは今回が初、同局ドラマに出演するのも初となる。主人公・難波ユリカ(新木優子)が勤めるチロリアン不動産の同僚で筋肉隆々ながら“ムダマッチョ”と呼ばれる無責任かつテキトーな男・白井忠文を演じる。



【写真】白濱亜嵐の美胸筋、片寄涼太のお茶目な表情…メンディーの「神投稿」



 メンディーは「最初にお話を頂いた時は、自分で言うのも少し変ですが、自分はキャラが濃く、なかなかお芝居でハマる役はあまりないと思い込んでいたので、正直『これはドッキリかも』と疑ってしまいました(笑)」と率直な感想を語った。



 新木と高良健吾のW主演による同作は現在、漫画雑誌『Kiss』(講談社)にて連載中の原作を実写化。元カレ・マコチ(高良)の存在を引きずり、“モトカレマニア”になった女の子・ユリカの混乱と暴走と試行錯誤の物語。合言葉は「女だって引きずる!!!」。



 白井は小手伸也演じる同社社長・安藤一朗が結成した“ハラミ会”(ハラスメントを未然に防ぐ会)のメンバー。先輩、後輩に関わらず、360度四方からのイジられキャラだが、白井本人はユリカに対して先輩風を吹かせようとするなど、かわいらしい面も。ユリカとマコチとの恋模様を実は気になっているという役どころだ。



 オファーに驚きながらも、メンディーは 「正式にお話を頂き、初めてのゴールデン・プライム帯での連続ドラマの出演ということで、数々の実力ある役者さんと混じり、お芝居をさせて頂くことは自分にとっても確実に貴重な経験になると思うので、まわりのキャラの濃い俳優陣の皆さんの中でも、ストーリーの中でも、一つのエッセンスとなれるように精いっぱい頑張りたいと思います!」と意気込み。



 「誰にでも“諦めンディー”できない恋があると思います。そんな視聴者の皆さんが共感でき、その背中を押してくれるような作品になると思います!“自分になんて…”と、そこで“足止めンディー”をくらってしまっている皆さん、きっと一歩前に踏み出す勇気をもらえるはずです!それでは毎週木曜日の夜にお会いしましょう!“モトカレマニア”と共に新しい恋を始めンディー!!!!!!」とハイテンションで呼びかけている。
カテゴリ