もしかして脈ナシ?男性が苦手な女性にとる行動6つ

もしかして脈ナシ?男性が苦手な女性にとる行動6つ

気になる男性に、なんとなく避けられているかもしれない……。


そう感じることがあったら、残念ながらだいたいそれは合っています。


男性は単純なので、苦手な女性に対してありのままの行動をとってしまうのですね。


男性のある行動を早めに察したら、潔く諦めるのも視野に入れるべきかもしれません。



会話を弾ませない


男性は気に入った女性とは、飽きさせないように会話を弾ませようと努力します。


でも、苦手な女性となるとテンションはだだ下がり……。話を盛り上げるどころか、あえて会話をトーンダウンさせて、つまらない雰囲気にしてしまうかもしれません。


苦手な女性に対しては労力を使う気すら起きないのですね。


目を合わせない


気の小さい男性、シャイな男性は誰に対してもそうですが、そうじゃなくても苦手な女性とはあまり目を合わせないようにする男性は多いです。


目が合うことで、自分が相手に好意を持っていると勘違いされたくないという心理が働くのでしょう。


この場合、目が合わないというよりは、男性が意図的に目を合わせないようにしているのですね。


奢らない


もしかして脈ナシ?男性が苦手な女性にとる行動6つ


一般的に、男性は好きな女性や気のある女性に対しては格好をつけたい気持ちになるもの。


無理してでも食事をご馳走しようとする女性に対し、苦手な女性にはけしておごりません。


当然のように割り勘になった場合、苦手ではないにしても、友達や知人止まりで、そこには恋愛感情はないと思っていいでしょう。


連絡先を交換しない・返信をしない


誰だって苦手な相手の連絡先など知りたいとは思いませんよね。繋がりを持ちたくないとさえ考えているでしょう。


もし、連絡先を交換できたとしても、絶対に彼から電話をくれることはありません。LINEすらも既読スルー…。


もともと男性はやりとりを積極的に行うのが苦手なので、好きでもない女性とならですよね。


距離を取る


気持ちや親密さは2人の距離にも表れますよね。苦手な相手とは一定の距離を取り取りたがるもの。


肌が触れるなんてありえないのです。例えば、何人かでカラオケに行った時に隣が空いていても、あえて遠くに座るような行動ですね。


また、歩く時も恋人だと勘違いされたくないために距離を取るのが当たり前なのです。


あえて他の女性のことを話す


男性は苦手な女性の前では、他の女性のことを話します。


そして、ときには「あの子に告白しようと思っているんだよね~」とガードしているようなことをわざわざ伝える男性もいますね。


他の女性の話題を持ち出すことで、「あなたに脈はありません」と遠回しに伝えたいのでしょう。


おわりに


男性の行動は女性と比較すると単純明快。


分かりやすいものなので、もし気になる男性に上記のような行動を取られた時には、「自分に脈はないのね…」と諦める方が得策です。


落ち込んでいる暇があったら、次の恋愛に向けて前向きに進みましょう。


それでも諦めきれない場合は、焦らずじっくり距離を縮めていくこと。慣れてきたら受け入れてくれるようになる男性もいるので、長期戦で臨んでくださいね。


(森山まなみ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ