超特急、水野良樹提供『モトカレマニア』主題歌担当 主演・新木優子に出演も直談判

超特急、水野良樹提供『モトカレマニア』主題歌担当 主演・新木優子に出演も直談判

 ダンス&ボーカルグループ・超特急が、10月17日スタートの新木優子&高良健吾W主演ドラマ『モトカレマニア』(毎週木曜 後10:00 フジテレビ系)の主題歌を担当することが決定した。いきものがかりの水野良樹が作詞作曲した「Revival Love」を歌う。超特急が木曜劇場の主題歌を担当するのは4年ぶりとなる。



【写真】お互いにエールを送りあった超特急&新木優子



 ドラマは瀧波ユカリ氏が『Kiss』(講談社)で連載中のコミックを実写化。元カレの存在を引きずり、“モトカレマニア(MKM)”になったユリカの混乱と暴走と試行錯誤を描く。



 超特急は主題歌決定を受けて主演の新木と対面し、エールを送りあった。ボーカルのタカシは、ブラスの音色も華やかな主題歌「Revival Love」について「ドラマの明るい世界観にもつながるようなアップテンポでハッピーな楽曲になりました。歌詞に関しても世の男性、女性、それこそ“モトカレマニア”な方にも共感いただける部分が多いんじゃないかなと思います」とアピール。作詞作曲はいきものがかりの水野が担当したとあり、「超特急が他のグループの方に曲を提供いただくのは初めて。この楽曲を通じていつかコラボができたらいいなと願っています」と語った。



 楽曲提供した水野は「超特急の皆さんはダンスもボーカルも、キレキレっのめちゃくちゃ高い技術を持っているのに、どこか親しみあるユーモアをまとっていて、グループがもつその柔軟な躍動感に導いてもらって、今回のパワフルな曲を書かせてもらえました」と自信をにじませる。



 すでに主題歌を聴いたという新木は「私が演じるユリカというキャラクターはアップダウンが激しくて、この曲にも思いを引きずっているような切ない歌詞がところどころに散りばめられていますけど、ユリカはそれを楽しんでいるところがあるんですよ」と役どころを解説。「超特急の皆さんがポップに歌って踊ってくださることで、ユリカの気持ちをアップの方向に盛り上げてくれるような、すごくすてきな曲になっているんじゃないかと思います」と分析すると、超特急のメンバーは「すばらしい! この圧倒的なコメント力、僕らも見習わなければ!」と称賛していた。



 ユーキをはじめメンバーたちは「本当にどんな役でもいいので、ドラマに出させていただければすごくうれしいです。もう、通行人Aでもいいので!」と売り込みも忘れず。メンバーそろって出演への意欲を示していた。



■いきものがかり 水野良樹コメント

超特急の皆さんはダンスもボーカルも、キレキレっのめちゃくちゃ高い技術を持っているのに、どこか親しみあるユーモアをまとっていて、グループがもつその柔軟な躍動感に導いてもらって、今回のパワフルな曲を書かせてもらえました。新木優子さん演じる主人公・ユリカを追いかけていくと、思わず“まじかよ!”とツッコミを入れてしまいたくなるような瞬間がたくさん来て、気がついたら物語から目が離せなくなっているんだと思います。そんな展開を、超特急の皆さんのパワーでしっかりと加速させて、華やかにできるような、ポップな曲を心がけました。
カテゴリ