星野源、親友・藤井隆の応援に「やったー!」

星野源、親友・藤井隆の応援に「やったー!」

 シンガー・ソングライターで俳優の星野源が10日、都内で行われた映画『引っ越し大名!』の大ヒット記念舞台あいさつに出席。公私ともに親交の深いタレントの藤井隆も駆けつけると、星野は「やったー!」と少年のように飛び跳ねた。



【動画】応援したい人を明かした星野源



 この日は「応援上映」と銘打って開催され、劇場の観客たちはペンライトや鳴り物を持参して、上映を盛り上げた。「6年ぶりの主演映画。撮影している時も気合が入っていましたし、公開前にはお客さんが入るのか、面白がってくれるのか、ずっとドキドキしていた」と心境を明かした星野だが、想像以上の盛り上がりに「ライブでもこの(量の)ペンライトはない! 本当にうれしいです。面白い作品は観てもらえるんだなと実感しています」と感激しきりだった。



 この日のイベントは、主演の星野ただ一人の登壇予定だったが、観客にはサプライズで「引越し業者の細野豪」なる人物がうつむき加減で登場。星野の親友・藤井だと判明すると、客席からは割れんばかりの歓声が沸き起こった。



 「映画には1ミリも、1秒も出ていません」と笑わせた藤井は、熱烈な歓迎を受け「星野さんのファンは本当に優しい。図々しい言い方をすると、僕を甘やかしてくれる」と笑顔。改めて同作を絶賛すると「星野さんが大きなスクリーンで活躍していて、友達の一人として晴れ晴れしい気持ちでした」と目を輝かせていた。



 物語は、生涯に7回もの国替えを命じられ“引っ越し大名”のあだ名がつけられた松平直矩(及川光博)がモデル。星野演じる姫路藩書庫番の片桐春之介は、書庫にこもりきりの引きこもり侍。あるとき、直矩は豊後(大分県)の日田に国替えを命じられる。“本ばかり読んでいるから引っ越しの知識があるだろう”と引っ越し奉行に任じられた春之介。幼なじみで武芸の達人・鷹村源右衛門(高橋一生)、前任の引っ越し奉行の娘・於蘭(高畑充希)の助けを借りながら、1万人の引っ越しを担う。

カテゴリ