柄本時生は麿赤児の青年期を、深田恭子はどんぐりの若かりし頃を熱演!

柄本時生は麿赤児の青年期を、深田恭子はどんぐりの若かりし頃を熱演!

9月19日(木)22時~『ルパンの娘』第10話





9月19日(木)22時から放送のフジテレビ木曜劇場『ルパンの娘』第10話に、柄本時生の出演が決定した。

柄本が演じるのは、麿赤兒が演じている華(深田恭子)の祖父・三雲巌(みくも・いわお)の若かりし頃。また、どんぐり演じる華の祖母・三雲マツ(みくも・まつ)の若かりし頃を深田恭子が演じ、藤岡弘、演じる和馬の祖父・桜庭和一(さくらば・わいち)の若かりし頃を瀬戸康史が演じる。





高校三年生・18歳の巌(柄本)は、マツ(深田)に淡い恋心を抱いていた。だが、マツは巌の親友・和一(瀬戸)と交際しており、彼女が和一を深く愛していることを知っていた。





自分の出る幕はないと感じていた巌だったが、“Lの一族”の一人娘であるマツは、和一が警察一家の息子であることを知り、決して許されない恋愛であることに葛藤する日々。

そんな時、とある悲惨な事件をきっかけに三人の関係に変化が訪れる。そして時代を経て、華と和馬の運命が、その60年前の事件によって再び交差することとなる…。





柄本のフジテレビドラマ出演は『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』以来、およそ1年ぶりで、木曜劇場は初出演。

主演の深田とは、深田がレギュラー出演していたドラマ『ハロー張りネズミ』最終回にゲスト出演して以来およそ2年ぶりの共演で、瀬戸とは舞台『関数ドミノ』以来、およそ2年ぶりの共演となる。


<柄本時生コメント>





Q.『ルパンの娘』のゲスト出演に決まった感想は?

台本を読んで、麿赤兒さんの若い頃というのは楽しみでしょうがなかったです。

Q.フジテレビドラマへの出演は、『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』以来、およそ1年ぶりとなりますがいかがですか?

変わらず明るい雰囲気で楽しかったです。

Q.今回、主演の深田恭子さん、瀬戸康史さんとの共演はいかがでしたか?

お二人とも以前お仕事でご一緒させていただいたことがあるので、緊張せずお仕事できました。

Q.撮影中に印象的だったことは?

瀬戸さんの“藤岡弘、さん”、笑っちゃいました(笑)。

Q.ドラマを楽しみにしているファンの皆さんへのメッセージをお願いします。

10話しか参加していないのですが、楽しく見ていただけたらと思います。よろしくお願いします。


番組概要


木曜劇場 『ルパンの娘』


<放送>


9月19日(木)22時~22時54分


<出演者>


深田恭子、瀬戸康史、小沢真珠、栗原 類、どんぐり、藤岡 弘、(特別出演)、岸井ゆきの、加藤 諒、大貫勇輔、信太昌之、マルシア、麿 赤兒、渡部篤郎 ほか

カテゴリ