嵐・櫻井翔、念願の日曜劇場出演 TBS『ノーサイド・ゲーム』で謎の男演じる

嵐・櫻井翔、念願の日曜劇場出演 TBS『ノーサイド・ゲーム』で謎の男演じる

 人気グループ・嵐の櫻井翔が、15日放送のTBS系日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(後9:00※20分拡大)最終話に出演することが、わかった。大手自動車メーカー『トキワ自動車』府中工場総務部長・君嶋隼人(大泉洋)がゼネラルマネージャーとして率いるアストロズの練習場に現れた謎の男・赤木役を演じる。君嶋が行ってきたさまざまな改革の一端を担う重要な役どころとなっており、初回から「ずっと興奮しながらこのドラマを見ています」とファンを公言する櫻井は「ぜひこのドラマに出演したいと思っていましたが、今回念願がかなってお邪魔することができました」と感慨深げにコメントしている。



【写真】『ノーサイド・ゲーム』出演…真剣佑の“イケメンな弟”眞栄田郷敦



 最終話ではカザマ商事買収を巡って滝川(上川隆也)が失脚し、脇坂(石川禅)が常務に昇進。しかし、脇坂がラグビー部廃止の方針を打ち出したことで君嶋は焦る。さらに、改革案を提出しては一蹴され続けている日本蹴球協会の閉鎖的な体質。これが変わらない限りアストロズの収支も上向かない。蹴球協会の重鎮たちは君嶋の熱意を受け取ってくれるのか。そして目前に迫った王者・サイクロンズとの全勝対決。今年こそアストロズは優勝をもぎ取ることができるのか…。



 櫻井は、浜畑譲役で出演中のラグビー元日本代表キャプテン・廣瀬俊朗と慶應義塾大学の同級生。廣瀬が先日放送された日本テレビ系バラエティー『しゃべくり007』では『ノーサイド・ゲーム』最終話直前、および『ラグビーワールドカップ2019』開幕直前ということで放送局の垣根を越えて出演した際、櫻井は心配だったからと収録に立ち会ったというほどの仲。そして櫻井自身も幼稚舎時代にラグビーの経験があり、その時のポジションはスクラムハーフ。そんなラグビーつながり、同級生でもある廣瀬と初共演を果たす。



 実際の撮影では「府中の現場に来たら『デモ隊が来ていた門だ!』『君嶋GMとアストロズだ!』と全てがドラマと同じで興奮しました」とその世界観を満喫した櫻井。「毎週楽しみ過ぎて、今回は自分が演じる部分以外は台本を読んでいません! だから君嶋さんがどう闘うのか、アストロズがどうなるのか知りません! 視聴者の皆さんと一緒に結末を楽しみにしています(笑)」と“ガチ”ぶりを覗かせる。



 また、「大泉さんとはバラエティでは何度も共演していますが、お芝居をするのは初めてです。君嶋さんが目の前にいるということもあり、不思議な気分でした。今回の出演が楽しみで、きのう美容院に行って髪を切りました。僕が演じた赤木という男に注目すると共に、このドラマで初披露する髪型にも注目してください(笑)」とアピールした。



 最終回を前に強力な“援軍”を得た大泉は「櫻井さんがこのドラマを初回から全部見てくださっているそうで、大感激しています。そんな櫻井さんが全力でぶつかってきてくれてすごくうれしかったです。キャスト・スタッフ一丸となって撮影しているこのドラマに、間違いなくいいシーンが加わったと思います!」と手応え。廣瀬も「櫻井とは同級生で、ドラマの放送を見ると連絡をくれて感想を言ってくれます。長ゼリフのときも『良かった』と言ってくれました。彼も昔ラグビーをやっていたので、こうやって撮影現場で一緒にいることができてうれしいですね」と共演を喜んでいる。
カテゴリ