心に余裕を!フラれた男に「もう1度アタックする時」の心構え

心に余裕を!フラれた男に「もう1度アタックする時」の心構え

大好きな人に、フラれて突き放されたら、それは悲しいでしょう。


ただ、そこで引き下がってしまえば、本当に終わりです。


もう1度、アタックを試みてもいいのでは?


でも、フラれた男性にもう1度アタックするとき、ある心構えが必要なのです……。



次で結果を出そうと思わない


フラれてしまったあと、諦めずに頑張ろう……と思い直すのには、かなり精神力が必要ですよね。


そして、なんとか再び立ち上がったとき、あと1度だけ……という気持ちが強くなるはず。


最後のチャンスにかけるような意気込みで挑むかもしれませんが、そうすると肩に力が入りすぎてしまいます。


その姿勢は、相手を警戒させてしまうかもしれません。


なので、次で結果を出そうとしないこと……。


長い目で見ましょう。


そうすると、どこかでタイミングが合う可能性も十分にあります。


彼女がいても応援する気持ちで


フラれて、またすぐにアプローチをかけたりはしませんよね、ある程度、期間を置くはずです。


ただ、その間に相手に彼女ができてしまっている場合もあります。


ガッカリはすると思いますが、諦めてしまうのはどうでしょう……。


彼女との関係を応援する気持ちで、いったん女友だちのポジションに落ち着いてみては?


男性にとっても、異性の友だちがいることは心強いですよ。


女心を知るため、いろいろ相談したいこともありますからね。


「相談しているうちに恋心が……」なんていうのも、なくはない話。


彼女に関する情報も入るので、ほかの女性よりも有利であることは間違いありませんよ。


LINEで返事を求めない


フラれたあと、そこまで関係は崩れず、連絡を取り続けることができるかもしれません。


ただ、相手もフッた自覚はあります。


今まで通りの付き合い方ではなくなるでしょう。


それを、今まで通りだと思ってLINEを送り、返信を求めると、相手はこの状況ではいけないと思います。


距離を置かなければと考えるでしょう。


なので、LINEにおいては、「?」を使わないことです。


いくら聞きたいことがあっても、返事を求めるのは控えましょう。


「会おう」という言葉を出さない


フッたほうもフラれたほうも、これまでの関係を壊したくないと思うでしょう。


そこで、なるべく今まで通りの付き合いを続けていこうとするかもしれませんね。


すると、フラれたほうは、連絡を取っているなかで、「会いたい」という気持ちが湧き上がってくる……。


でも、それを伝えるのは、「まだ好意がある」という感情を伝えているのと同じです。


だから、「会おう」という言葉を使ってはいけません。


それは、相手に言わせなければいけない言葉です。


我慢できないようなら、連絡も取るべきではないでしょう。


おわりに


もう1度アタックを試みるとき、最初のときと同じ気持ちでいてはいけません。


1度断わられているわけだから、同じことをしてもまた断られます。


同じ轍を踏まないためには、がむしゃらに向かって行くのではなく、反省を生かし、人の意見も取り入れていくようにしましょう。


(大木アンヌ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ