中井貴一「こざかしいことを考えずに、役者が必死に生きられる」と三谷脚本を絶賛

中井貴一「こざかしいことを考えずに、役者が必死に生きられる」と三谷脚本を絶賛

9月13日(金)全国ロードショー 映画『記憶にございません!』





映画『記憶にございません!』公開記念舞台挨拶が9月13日(金)に都内で行われ、中井貴一、ディーン・フジオカ、石田ゆり子、草刈正雄、佐藤浩市、小池栄子、斉藤由貴、木村佳乃、吉田羊、後藤淳平(ジャルジャル)、三谷幸喜監督が登壇した。

三谷の映画監督作品8作目となる本作は、記憶喪失になった総理大臣が、国民はもちろん、大臣たち、家族にさえ、記憶を失ったことを隠し、秘書官たちに助けられながら日々の公務をこなしていく姿を描いたコメディ。





同日に全国352スクリーンで公開され、すでに興行収入30億円を狙えるスタートに。主人公の総理大臣を演じた中井は、「やっとこの日がきました。映画はお客様に見ていただいて初めて完成するので、初日にこんなにたくさんの方に見ていただき幸せです」と感謝し「三谷幸喜の脚本は、1回目よりは2回目、2回目よりも3回目の方がいろんなことが分かって面白いんです。なので、繰り返し見てみてください」とアピール。





訳ありの総理夫人を演じた石田も、「4回くらい見ると、三谷さんの緻密に作られた台本の面白さがさらに分かってくると思います」と笑顔で同意した。しかし、三谷から「撮影から1年が経ったこともあり、ストーリーを覚えていなかった石田ゆり子さんがほぼ思い出してくれました」といじられると、「私、覚えてますよ」とうろたえながら反論していた。





怪しい総理秘書官を演じたディーンは、「ディーン・タピオカです」と挨拶して会場の笑いを誘い、「ついにこの日がきて、感無量です。日本を代表する素晴らしい先輩方の中に混じらせていただいて、本当に幸せな日々だったなと1年前のことを思い出しながら、今日を迎えることができてうれしい」と満面の笑み。





三谷はそんなディーンからクランクイン前に台本について話がしたいと言われたそうで、「やる気があったときの佐藤浩市さん以来。それがうれしくて、2人で台本照らし合わせながら、セリフの意味を確認し合いました」とエピソードを披露。苦笑いしながら聞いていた佐藤は、司会から「やる気はありますよね?」とふられ、「あります!」と力強く返していた。





三谷らしい笑いが繰り広げられる本作。“三谷コメディ”を演じる難しさについて聞かれた中井は、「(台)本が完璧なんですよ。役者がこざかしいことを一切考えずに、必死に生きることができる、それがコメディになる理想的な形。苦労というよりは逆にやりやすいですね」と三谷に賛辞の言葉を。





そんな三谷映画に念願の初出演となった石田は、「初めて声をかけていただいて本当にうれしくて。でも撮影がとっても早くて、『これでいいんだろうか』と言っている間に終わってしまう日々で、三谷組は力がないと出られない組なんだと思いました」としみじみ。続けて、石田が「私は大丈夫ですか?」と三谷に確認すると、三谷は「大丈夫ですよ!日本を代表するコメディエンヌだと思いましたよ」と笑顔で返していた。

本作では、佐藤が演じる総理をゆするタブロイド紙のフリーライター役、木村が演じる米国大統領役など、濃いキャラクターをさまざまなキャストが演じるが、最後に三谷は「俳優さんが大好きで、俳優さんをいい形で映画に残したいと思い、そのモチベーションで映画を作っているんだと今回改めて感じました。今回に関しては、いい形で出来上がったんじゃないかなと思います」と手応えを。そして、中井は「誰かに『見た?』って聞かれたら、この映画に関しては『記憶にございません!』と連呼してもらえたら」と呼び掛けていた。





作品概要


『記憶にございません!』


<公開>


9月13日(金)より全国東宝系にて公開


<監督>


三谷幸喜


<出演者>


中井貴一、ディーン・フジオカ、石田ゆり子、草刈正雄、佐藤浩市、小池栄子、斉藤由貴、木村佳乃、吉田 羊、後藤淳平(ジャルジャル)ほか

カテゴリ