リアル“朝顔” 30代のママ法医学者が奮闘する医療現場にカメラが潜入!

リアル“朝顔” 30代のママ法医学者が奮闘する医療現場にカメラが潜入!

9月15日(日)21時~23時09分





普段入ることの許されない解剖室に潜入!知られざる法医学者の世界とは?


9月15日(日)放送のフジテレビ『Mr.サンデー』が特集するのは、現在放送中の月9ドラマ『監察医 朝顔』で、上野樹里が演じていることもでも注目を集めている法医学者の世界。

番組が密着したのは、法医学者の垣本由布(かきもと・ゆう)さん。2014 年に若手女性科学者の業績を称える「ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞」を受賞し、現在一人娘と料理上手な夫と暮らしている“リアル朝顔”だ。

現在、全国に約140人いる法医学者の中、垣本さんは、神奈川県・西部地域の法医解剖を担当。大学の法医学研究室で働き、向き合う遺体は年間100体にものぼるという。解剖の現場では、垣本さん以外にも遺体の様子を撮影する記録員や、警察も立ち会って行われる。

密着取材中にも、警察から解剖の依頼が入る。かっぽう着の上からエプロンを掛け、ウイルスを通さないマスクをつける。手袋は二重にし、ゴーグルを着用するなど、皮膚の露出は最小限に抑える。危険と隣り合わせの解剖現場で、感染症を予防するためだ。そして、死因不明の謎に包まれた遺体と対面する。一度も休むことなく、およそ3時間に及ぶ解剖を終えると、彼女はようやく安堵(あんど)の表情を見せた。

医学部で勉強を重ね、6年前に30歳にして法医学者となった彼女はなぜ、医師の道を選ばずに、「死」と向き合う道を選んだのか?そこには、垣本さんが過去に担当した“ある事件”の存在があった。





番組概要


『Mr.サンデー 医師たちの闘いSP』


<放送>


9月15日(日)21時~23時09分


<出演>


【MC】
宮根誠司
佐々木恭子(フジテレビアナウンサー)※三田友梨佳アナウンサーが夏休みのため

【スタジオゲスト】
柳澤秀夫
ヤマザキマリ

カテゴリ