【氣志團万博2019】綾小路翔「音楽の先には必ず希望が」 葛藤経て繋いだ故郷・千葉へのエール

【氣志團万博2019】綾小路翔「音楽の先には必ず希望が」 葛藤経て繋いだ故郷・千葉へのエール

 9月14日・15日、千葉県・袖ケ浦海浜公園にて、『氣志團万博2019 ~房総ロックンロール最高びんびん物語~』が開催された。台風15号の影響で千葉県の広域が停電や断水の被害に見舞われ、開催が危ぶまれた今年の万博。主催者である綾小路翔(氣志團)の開催の決断や考えに賛同した33組の出演者と4万5000人の観客が、彼らの故郷である房総の地に集結。両日とも大盛況のうちに幕を閉じた。



【ライブ写真】稲垣・草なぎ・香取ら豪華アーティスト集結



 初日の開会宣言で「このタイミングで万博を開催するべきか? この人生で一番悩みました。悩み抜いて答えは出ませんでした」と正直な気持ちを吐露した綾小路。「だけど、俺たちは人生の岐路に立たされた時、いつだって前に進むことを選択してきました。俺たちが夢見た音楽の先には必ず希望がありました」と続け、開催を決意するに至った経緯を説明した上で、「我々出演者一同はみんなの明日の活力になるよう、全身全霊でプレイすることをここに宣言します!」と力強く宣言すると、会場中から大きな拍手が起きた。



 言葉だけでなく、会場では「氣志團マブダチ募金」と名付けられた被災地支援の募金が実施され、14日には袖ヶ浦市民1000人を無料招待。故郷を憂い、自分に出来る最大限のことを思慮し、即行動する綾小路の姿勢は出演者や観客だけでない多くの人が賛同し、心動かされたはず。



 初日トップバッターは氣志團。ダンサーを引き連れての「One Night Carnival」で派手やかに賑やかに盛り上げると、MCでは「感情的になるなって言われるけど、無理だわ。俺の故郷だもん。でも、俺たちにしか出来ないことがあるって信じてます」と故郷への想い、自身の正直な気持ちを改めて語った綾小路。「複雑な想いで来てくれた人もいると思うけど、来てくれて本当にありがとう。最高の仲間たちも来てくれてます。もしかしたら俺たちと一緒に傷つけられたかも知れないのに、何も言わずに音楽しに来てくれてます。だから、みんなもとことん楽しんで!」と、観客や出演者の気持ちも考慮した言葉を送り、想いを届けるようにいつも以上に熱いGIGを披露した。



 東京スカパラダイスオーケストラ、SiM、Dragon Ashといった盟友たちに加え、純烈、PUFFY、元祖万博ウルフルズ#ヤッサ、DA PUMPなど、初登場となる人気ミュージシャンが多数出演した初日。それぞれ被災地への想いや考えを語りながら、全身全霊のプレイで観客を魅了。初日の大トリである木梨憲武は100人のダンサーを引き連れてのパフォーマンスやヒロミとカンニング竹山を迎えてアリスの「チャンピオン」を披露するなど、自由すぎるステージを展開すると、今秋ソロデビューすることを発表して観客を驚かせる。さらに綾小路と2人でとんねるずの「一番偉い人へ」、氣志團の「One Night Carnival」を歌唱。ステージに集った出演者と共に歌い踊り、大盛り上がりで初日を締めくくった。



■2日目…稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾が圧巻パフォーマンス



 TAKAHIRO(EXILE)がボーカル、HISASHI(GLAY)がギターを務めるACE OF SPADESや田原俊彦、稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾とジャンルの枠を超えたスターが名を連ね、大きな注目を集めた2日目は、女装パフォーマンスで爆笑を生んだゴールデンボンバーのステージで開幕。



 ももいろクローバー、10-FEET、マキシマム ザ ホルモンと、『氣志團万博』や氣志團への愛に溢れたミュージシャンたちが、万博ならではのスペシャルなライブを披露。田原俊彦は「抱きしめてTONIGHT」で始まるヒット曲メドレーで大いに沸かせ、稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾は圧巻のパフォーマンスで会場中を魅了。「離れてても思いは一つ。千葉の方のことを思っています」と香取がメッセージを送ると、「雨上がりのステップ」で被災地の方へのエールを送った。



 2日間の大トリを務めたのは、このフェスの主催者である氣志團。ここまでバトンを繋いできたミュージシャンの気持ちを背負い、気合十分の歌と演奏で始まった彼らのステージ。ライブ中盤、「俺が音楽を好きになるキッカケを与えてくれた、今年亡くなったあの方に一方的に捧げます」と綾小路が語り、始まったのはジャニーズ事務所のジャニー喜多川氏に捧げるジャニーズメドレー。



 光GENJI「パラダイス銀河」、少年隊「仮面舞踏会」、嵐「Love so sweet」、SMAP「俺たちに明日はある」など、愛とリスペクトに満ちたメドレーに会場は大盛り上がり。「スタンディング・ニッポン」を「スタンディング・房総」と歌詞を替えて、被災地に力強いエールを送って本編を締めると、アンコールでは白スーツ姿のメンバー5人が登場。坂本九が歌い、吉本の芸人ユニット・Re:Japanもカバーした「明日があるさ」の替え歌を披露。<明日があるさ>の前向きなメッセージで、綾小路が語っていた“音楽の先にある希望”を自ら指し示して、『氣志團万博』を締めくくった。
カテゴリ