広瀬すず、『なつぞら』終えた解放感ダダもれに赤面「恥ずかしい…」

広瀬すず、『なつぞら』終えた解放感ダダもれに赤面「恥ずかしい…」

 NHK連続テレビ小説『なつぞら』(月~土 前8:00 総合ほか)の主演の広瀬すず(21)から次作『スカーレット』(9月30日スタート)で主演を務める戸田恵梨香(31)へのヒロインバトンタッチセレモニーが17日、大阪・中央区の同大阪放送局で行われた。



【写真】バトンを受け渡す広瀬すず&戸田恵梨香



 戸田に『朝ドラ』ヒロインのバトンを引き継いだ、すずの表情は笑顔に溢れた。恒例のプレゼント交換では広瀬から戸田へ“陶芸に打ち込む喜美子”のオリジナル人物画が、戸田から広瀬へは手作りの信楽焼きマグカップが贈られた。マグカップは戸田が信楽での撮影前に自ら作った。底には自身の名前ではなく「すず」と記した。“長丁場の撮影を終えてひと息ついてほしい”という願いが込められている。戸田は「ホントにお疲れ様でした。私は始まって半年ぐらいですけど、まぁ大変だったろうなというのが予想できた。ゆっくり休んでください」とねぎらった。広瀬は「忙しいのに…。すごくうれしいです。大切にします」と笑顔を見せた。



 『なつぞら』を視聴していた戸田「なつは、みんなに安心感と優しさを与え続けているヒロインで私も励まされた」と述懐。そして対面した印象について「広瀬さんの笑顔は天使。こうやってお会いしてもヒロインを駆け抜けた解放感を感じられる。すごくステキ」と大絶賛した。“解放感”というフレーズに、すずは「解放感がバレてたのは、ちょっと恥ずかしい…」と少し赤面し、周囲にはほっこりした笑いが広がっていた。



 そんな、すずの姿を見続けていた制作統括の磯智明チーフプロデューサーは「終盤は30代後半の役年齢を演じていた。2週間ぶりにお会いして21歳のすずさんに戻ったなという印象でした」としみじみと口にしていた。



 『スカーレット』は戦後まもなく、大阪から滋賀・信楽にやってきた、絵が得意な女の子、川原喜美子が主人公。両親と2人の妹との暮らしは貧しく、喜美子は幼い頃から水くみをしたり、洗濯したり、食事を作ったり…、一家を支える働き者の女の子。戸田は第2週の後半から登場し、15歳になった喜美子から演じるが年齢自虐がネタとなっている。
カテゴリ