東方神起ユンホ、舞台裏で語った本音<モデルプレス独占先行>

東方神起ユンホ、舞台裏で語った本音<モデルプレス独占先行>

【モデルプレス】東方神起のユンホやSUPER JUNIORのイトゥクが、ライブの舞台裏でアーティストとしての本音を語った。

公開中の映画「SMTOWN THE STAGE-日本オリジナル版-」。今まで明かされなかったスターの素顔、軌跡を描いた音楽ドキュメンタリー映画「I AM. SMTOWN LIVE WORLD TOUR IN MADISON SQUARE GARDEN」(12)の第2弾となり、2008年のツアー開始から累計観客動員数が100万人を突破した「SMTOWN LIVE WORLD TOUR IV」(14)に完全密着。KANGTA 、BoA、東方神起、SUPER JUNIOR、少女時代、SHINee、f(x)、EXOら総勢50人の世界的アーティストが出演し、華やかなライブ映像と、そのバックステージやオフショット、そして新たに撮影されたインタビュー映像や秘蔵映像がおさめられた。

◆互いに刺激になり、高め合える

今作からモデルプレス独占先行で貴重な特別映像が到着。映像はまさにライブの真っ只中、その舞台裏で撮影。出演アーティストたちがそれぞれの本音を語っている。

「いつか先輩たちのようにステージを楽しめるようになりたい。少女時代のように余裕をもって歌えるRed Velvetになりたい!」と笑顔で語り、偉大な先輩たちに追いつこうと強い決意を覗かせるのはジョイ(Red Velvet)。ミンホ(SHINee)も「先輩たちのステージは勉強になるし、自分たちのステージにも学んだことを生かしています」と言い、「SMTOWN」のステージが単なる先輩たちとの共演の場というだけでなく、勉強する場にもなっていることを告白。最高のステージにすべく努力を日々重ねている姿が伺える。

またイトゥク(SUPER JUNIOR)は、東方神起の2人に対して「2人で一生懸命頑張っているなと思います。彼らのパフォーマンスは、2人だけでも華やかで絵になり目が釘づけになります。東方神起 ファイト、愛しているよ」とメッセージ。さらに、SM Entertainmentのトップアーティストとして走り続けてきたユンホ(東方神起)は「SHINeeは僕たちとはステージカラーが違いますね。彼らの情熱を見習えば僕らも向上できる気がするし、互いに刺激になり高め合えますよね」と後輩であるSHINeeを高く評価。自己を高めるためには先輩後輩は関係ないという考えを明かす。

続けて「(デビューして)11年目のステージでも自分が最高だと思うようにしています。自分に呪文をかけて、自分が見せられるすべてを数分に注ぎ込んでいます。永遠の課題です」とユンホ。彼のコメントからは常に挑戦、頂点を極めようとしている姿勢が伝わってくる。

彼らの言葉1つ1つからは、強い決意と覚悟、そして常に最高のパフォーマンスを披露しようとするひた向きな想いが溢れてくる。そんな彼らの圧巻のライブパフォーマンスと、楽屋裏での素の表情が散りばめられた「SMTOWN THE STAGE-日本オリジナル版-」。大迫力の劇場で堪能してほしい。(modelpress編集部)
カテゴリ