伊東四朗の温かいスピーチ、高倉健の感動エピソードも!プロフェッショナルの粋な話

伊東四朗の温かいスピーチ、高倉健の感動エピソードも!プロフェッショナルの粋な話

9月16日(月)放送『石橋貴明のたいむとんねる』





石橋貴明やゲストが各業界のプロフェッショナルたちに“粋な振る舞い”“粋なお客さん”とは何かを学ぶ「勝手に語り継ぎたいプロフェッショナルに聞いた粋」の第3弾を放送。

「粋」とは“色気”と“こだわり”と“余裕”で形成され「他人が心地良いように」という気配りが込められている日本人特有の振る舞い。今回は粋の反対「野暮天」も一緒に紹介した。

今回もゲストの伊集院光、YOUは和装で「粋」に登場。紹介したプロフェッショナルの「粋な話」は以下の通り。





◆すき焼き「荒井屋」(横浜)四代目女将・荒井順子さんの粋な話

・粋なお客さんは、一人で火加減を調節し上手に焼く人
※最初は店員が付くが途中で「もういいよ」と自分のペースで火加減も調節して上手に食べる。
・粋なすき焼きの頼み方は、「野菜」ではなく「ざく」と注文する
※野菜はザクザク切るので「ざく」。
・粋なすき焼きの作り方は、肉を焼いたとき割下が細かい泡になる
※火加減が一番大事。割下を注いだ時に大きな泡ではなく小さな泡になるのが上手だと聞いている。

▼野暮天なお客さんは、自分が食べていた卵をシメの鍋に入れてしまう人
※ほかのお客さんがいるときにはとっても失礼。そして卵を鍋に入れるのは「荒井屋」流ではない。





◆赤坂 青野(赤坂)山本浩史さんの粋な話

・粋なお客さんは、季節ならではの物を楽しむ人
※事前告知を楽しみに待っていて発売初日に買いに来てくれる。
・粋な和菓子の食べ方は、お菓子を食べ終えて最後にお茶を飲む
※間にお茶を入れることなく最後にお茶で口の中を流す人。本当に店のお菓子を愛してくれているんだと感じる。

よく赤坂 青野を利用する石橋の印象は…
「変装して来店する芸能人のお客さんがいる中、サングラスも帽子もせずむき出しの姿で来る様子が粋だと感じました」(山本さん)








◆湯本見番(箱根)㐂田見女将 温味さん、箱根 福の家 夢路さんの粋な話

・粋なお客さんは、途中退席の芸者に「おかせぎ」と声をかけてくれる人
※指名が重なってしまったときに快く「しっかり稼いできなさい」と言ってくれるとありがたい。
・粋な芸者の着こなし方は、衿を抜く
※色気もあり、見た目も美しくなる。
▼野暮天な芸者さんは客席で食事をする人
※お客様が「食べてもいいよ」と言っても決して食事をしてはいけないと暗黙のルールがある。





◆とんかつ ゆたか(浅草)三代目店主・稲吉修さんの粋な話

・粋なお客さんは、食べ終わったお皿がきれいでソースが残っていない人
※衣も味わってもらいたいので、いきなりソースをじゃぶじゃぶかけてしまわれると残念。
・粋なとんかつの食べ方は、右端の“しっぽ”の部分を味わって食べる
※筋が少しあるが脂身もあって味が濃くておいしい。通な人はそこを好む。
▼野暮天なお客さんは、衣をはがして食べる人、ゲームをしながら食べる人
※写真を撮るのは時代の風潮として構わないが、ゲームをやられてしまうとちょっと残念。





◆花風船(台東区)三代目店主・田村巴留香さんの粋な話

・粋なお客さんは、花束をそのまま抱えて颯爽と帰っていく人
※8割のお客さんは恥ずかしがって袋に入れて帰るが、ときどきそのまま抱えて帰る人がいる。
▼野暮天なお客さんは、花言葉を気にしすぎる人
※花言葉を気にしすぎてなかなか選べない人がいる。女性はさほど花言葉を気にしていない。

普段、よく花を買うという伊集院。奥さんとケンカをすると花を買って帰るが、行きつけの花屋のおじさんは「どれくらい怒ってる?」と聞き「そのくらいならこれだけ買ってもらわないとな」と花を選んでくれるという。それが「粋」だと盛り上がった。





◆はなわが聞いた粋な話

東貴博と安めぐみの結婚式で見た、伊東四朗の粋なスピーチを紹介。伊東は、新郎の父・東八郎(故人)と親友だった。開口一番「まだ八っつぁんが、会場に来てないんだよ」と言った伊東。それから八郎さんとの思い出を語り始めた…。

ある日、時間に厳しい八郎が遅刻してきたことがあった。「実は息子(貴博)が生まれたんだよ」と理由を説明した八郎。わが子誕生のうれしさに、思わず仕事場を間違えてしまったんだとか。

その話をした伊東は、式場をぐるりと見渡して、「あら?八っつぁんが遅れて来たよ。また、うれしさのあまり会場を間違えたんだな」と、亡き八郎のことを紹介した。

この感動的なエピソードに、スタジオの一同はジーンとなった。そんな中、スピーチが得意そうに見える石橋が、意外にも「アガっちゃってダメ」と、最近の結婚式はほとんど断っていると明かし、みなが驚く場面も。





◆石橋貴明が聞いた粋な話

まだ売れない役者だったころの小林稔侍は、高倉健に個人マネージャーのように付いていた。そんな小林が役者として少し食べていけるようになったころ「少し広い部屋に引っ越すことになりました」と報告。お祝いとして現金を渡されたが、「これを受け取ったら健さんの弟分としてやっていけません」と返した。

そして迎えた引っ越し当日、引っ越し業者の制服に身を包んだ高倉健が玄関に現れ「今日はよろしくお願いします」と頭を下げたという。名優のまさかの行動に伊集院は「カッコ(いい)」と言葉にならない声をもらし「これはすごいわ~!」と驚いていた。








番組概要


『石橋貴明のたいむとんねる』


<放送>


9月16日(月)23時55分~24時35分


<出演>


【MC】
石橋貴明

【ゲスト】
伊集院光
YOU

【進行】
海老原優香(フジテレビアナウンサー)

カテゴリ