織田裕二、世界陸上は“腐れ縁”? 今回は「新たな超人が生まれる大会になる」

織田裕二、世界陸上は“腐れ縁”? 今回は「新たな超人が生まれる大会になる」

  俳優の織田裕二(51)が18日、都内で行われたTBS系『世界陸上 2019 DOHA』(27日~10月6日)の制作発表に登壇した。TBSで中継をスタートした1997年のアテネ大会以来、22年目、12大会連続のメインキャスターとなる織田は、同大会を自分にとって「“腐れ縁”じゃないですけど…」と例え、ともにキャスターを務めてきたフリーアナウンサー・中井美穂(54)が思わず立ち上がって「ちょっと~!」と突っ込む場面も。「ひどい表現ですね」と発言した自ら苦笑しながらも、終始、同大会にかける強い思いを熱弁してみせた。



【写真】他、高橋尚子らも登壇



 当初は「まさかこんなに長いことやるとは夢にも思っていなかった」という織田。球技経験はあるものの陸上部出身ではなく「陸上部って楽しくないだろうな、と思ってた」と本音も。「球技は目に見えやすいテクニックや連携プレイがあったりするけど100メートルなんて足の速いやつは生まれたときから決まっていくだろうと思ってた。ところがその陸上でさえ、もともと足の速いひとはもちろん、テクニック90%なんですよ、なんて聞いているうちに、あんなにシンプルに見える100メートルがそんなに奥深いものだったのか、と」と印象が変化していったそう。



 「マニアックな目線じゃなくても選手のキャラクターだったり惹かれていく人が必ず現れる。陸上そのものと選手の魅力。僕らは一生長い時間をかけてひとつの仕事を成し遂げるのに比べて、スポーツ選手は10年とか短い期間にスポーツ選手人生を送る。凝縮して教えてもらってもらえる感じ。僕らの仕事でも同じだなと思うこともある。年下の選手から学ぶことがある」とその魅力を語った。



 さらに織田は「あんなに1日モニターを観てたら、目が疲れるじゃないですか。でも選手が元気をくれる。終わった後も心地よさが残る」といい、「日本代表以外にも魅力的な人がいっぱいいる。それって血とか関係ないのでその魅力もあるんじゃないかな。パフォーマンスだけで見れる。あれだけ、バラエティー豊かなスポーツはない。華奢な人からレスラーのような大男まで、人間の見本市。世界中から色んな人が集まってくるのは陸上の魅力かな」と力を込めた。



 中井、そしてスペシャルキャスターの高橋尚子が同席するなか、「今回はちょっと記憶にないくらい、想像がつかない大会になるのではというワクワク感がある」と声を弾ませる織田。「新・超人という新たな超人が生まれる大会になるのでは。21歳を中心としたゴールデンエイジがどういうふうに大会を引っ掻き回すのが楽しみ」と期待を寄せる。



 初日のサニブラウン・アブデル・ハキーム(20)、小池祐貴(24)、桐生祥秀(23)の9秒台スプリンターが揃う男子100メートルはもちろん、なかでも注目している種目について織田は「いっぱいあります。言い出すと長くなる」と前のめりに。「まず楽しいと思うのが女子400メートルハードル。先日僕らも世界新の現場にいた。その時も暑くて雨で、記録はね(望めないかも)、と言っていたら世界新がでちゃった。全く読めないのでこの過酷な環境でも出す可能性があるかも…」と止まらない織田に中井も「1時間コースになりますね」と慣れた様子で頷いていた。
カテゴリ