「太田松之丞」に弘中アナ再登場 松之丞のラジオに猛抗議?

「太田松之丞」に弘中アナ再登場 松之丞のラジオに猛抗議?

 お互いのラジオ番組で悪口を言いあってきた、爆笑問題・太田光と、講談師・神田松之丞の直接対決が、テレビ朝日の『お願い!ランキング』(月~木 深0:55※毎月最終週の木曜は休止、関東ローカル)で実現。「太田松之丞」の第10夜が、きょう18日に放送される。



【写真】2人の様子を見守る爆笑問題・田中裕二



 「今、最もチケットが取れない講談師」「講談界の風雲児」と呼ばれ、100年に1人の天才と言われている松之丞がラジオで「太田さんは知識あるみたいに見せかけて薄いんだよ!」と毒づけば、太田も番組で「嫌われ松之丞がまたギャーギャー言っていてね、お前は今敵だらけ!」と言い返す。お互い半年に渡りラジオで言い争ってきた因縁の2人が対面したら…。一体どんな番組になるのか?



 この日、進行役に弘中綾香アナが再登場すると、太田が、早速「日本一調子に乗っているアナウンサー!」と口撃。先日、『オールナイトニッポン(ANN)』のパーソナリティも務めた弘中アナは、爆笑問題のラジオは聞かないけど、欠かさず聞いている松之丞のラジオ内で、先日聞き捨てならないことがあったという。



 番組の作家でもある笑い屋のシゲフジ氏が「弘中アナは表面的だ!」「あの政治家と一緒で中身がない」とボロクソに言っていたといい、スタジオで実際に音源を聞いて検証。ある大物政治家が、とばっちりを受ける。今夜の悩み相談は「学校の勉強は大人になって役に立つ?」から、2人が自分たちの学生時代の“勉強”についてトークする。



 松之丞は大学時代、講談が好きになると学業そっちのけで、寄席や演芸に足を運び、歌舞伎や落語も勉強したと明かし「好きなものが見つかると勉強するようになる」といつになく真摯に悩みに答える。一方の太田は、数学が役に立つのかとの問いに「フェルマーの定理」を証明した人の本を読んだといい、絶対に解けない問いを解くにはどう考えるか「マグロの女」に例えて解説する。



 学校での勉強はほとんどしていないという太田だが、小学校の国語の授業のある事をキッカケに、教室を爆笑させていたというエピソードを紹介。毒舌家2人は学校でどんな勉強をして今に繋がったのか。別室のモニターで見守る田中裕二が「部室の会話じゃねえんだからよ!」とツッコむように、話は脱線しもちろん毒舌も健在だ。
カテゴリ