TVアニメ「 あんさんぶるスターズ! 」第七話『皇帝』【感想コラム】

TVアニメ「 あんさんぶるスターズ! 」第七話『皇帝』【感想コラム】

S1の翌日、登校した北斗と真の目に飛び込んできたのは、教室で大勢の生徒に囲まれているあんずの姿でした。人だかりの周りをうろうろしていたスバルが言うには、S1で紅月に勝ったことにより”敏腕プロデューサーがいる”という噂が広がり、それを聞きつけた生徒たちが「自分もプロデュースしてほしい」と押し掛けてきたようです。


困惑するあんずでしたが、そこへ思わぬ助っ人が登場します。刀を抜き、人だかりを散らしてくれたのはクラスメイトの神崎颯馬でした。颯馬は昨日倒した紅月のメンバーの一人です。助けてくれたことに驚く北斗、スバル、真でしたが、颯馬は「負け戦でも痛快だった。同輩が素晴らしい演目をしたことで精進せねばと励まされた。」と言います。そんな颯馬は蓮巳からの手紙をトリスタに渡します。



ホームルームが始まるころ、アドニスがいないことに気づく佐賀美先生。人助けでもしているのでは?と颯馬は言いますが、アドニスは晃牙と一緒にいました。晃牙の手には”呼出状”が握られています。何かに参加しようとする晃牙を、朔間先輩に聞かないと、とアドニスは止めようとします。しかし晃牙は全く聞き入れようとしません。晃牙が独断で決めてしまったこととはー?


このページの目次

1 周囲の反応2 いざ生徒会室へ3 英智の提案4 ボロボロのUNDEAD5 フィーネのステージ6 すれ違う気持ち7 トリスタの今後8 あんさんぶるスターズ! の各話を振り返りチェック!
■周囲の反応

スバル、真、あんずと昼食を食べている北斗は、”昨夜の生徒会長の突然の接触”や颯馬から渡された”呼出状”を見て、敵はいったい何を狙っているのか?を考えていました。そんな4人は、生徒会勢力の紅月を倒したユニットということで周囲からとても注目されています。スバルは「生徒会の目を気にして話しかけてくる人はいないね」と言いますが、革命の一歩を踏み出せたことを感じているようです。


とそこに手裏剣を持った一年生、仙石忍が真の元にやってきました。忍はユニット『流星隊』の一員であり、忍者同好会に所属しています。S1では放送委員として、なずなと裏方をしていました。労う真に忍は、素晴らしいステージだったでござる!と感想を述べニンニンと走り去ります。それを聞いた北斗は、勝負を仕掛けてよかった、生徒会でも処罰はできないだろうと生徒会の呼び出しに応じることを決めます。


TVアニメ「 あんさんぶるスターズ! 」第七話『皇帝』
■いざ生徒会室へ

「たのもー!!」とスバルは元気よく生徒会室の扉を開けます。生徒会室には、会長である天祥院英智と生徒会メンバーが待ち受けていました。「会長が返ってきたからには、お前らなんかバーンだよ!」とはしゃいでいる桃李は、会長が大好きです。「お前らと慣れ合うつもりはない、話は終わりだ。」と北斗はさっさと帰ろうとしますが、キラキラした生徒会室をもっと見たい!と言うスバルに早く帰りたいと言う真。それぞれの態度を北斗が注意していると、それを見ていた英智から衝撃の言葉が飛び出します。


英智「面白いね、君たちは。単刀直入に述べよう。Trickstarは解散しなさい。」


■英智の提案

この衝撃の発言に、トリスタは当然反論します。また、生徒会副会長である蓮巳もその意見には同意できない様子です。「負けた腹いせに解散させれば生徒会の権威が失墜する。生徒会の利にならない。」と判断した蓮巳に対し、英智は「僕はみんなが幸せになれる未来を見据えて動いているつもりだよ。」と話しながら弓弦に目配せをします。弓弦は頷き桃李を抱え部屋の外に連れていきました。


英智は北斗、スバル、真、あんずに向かってユニットの移籍を提案します。北斗とスバルは英智率いるfine(フィーネ)へ、真緒は紅月へ、真はKnights(ナイツ)へ移籍させる、と。「それとも跡形もなくなるまで生徒会と戦うかい?」と言う英智は、トリスタの行動はしょせん革命ごっこだと切り捨てます。


さらに、タダでとは言わないと1000万円もの大金を見せてきます。君はお金が好きなんだよね?と問われたスバルは、「ふざけんなよ。あんたのお金はキラキラしてない!」と怒りをあらわにします。真に対しては、本人が気にしていることをわざと突いてナイツに行くよう圧力をかけてきます。北斗へは、君の両親にも話は通してある、大人になりなさいと諭し、真緒には賢明な判断ができるはずだと暗に移籍を命じます。


何も言えなくなったトリスタとあんずに、英智は今日のB1で退院後初のライブをする、僕の実力を見てから考えてほしい、いい返事を期待していると言い残します。


■ボロボロのUNDEAD

生徒会のユニットが野良試合であるB1に出場するのは初めてだとトリスタが話していると、ギターの音が響いてきました。舞台には余裕がなさそうに一人でギターを鳴らす晃牙と、ハーモニカを壊してしまいそうでその気になれないと舞台から去るアドニスの姿がありました。今回のフィーネの対戦相手はUNDEAD(アンデッド)だったのです。


トリスタの後ろから顔色の悪いアンデッドのリーダー、零が現れ「血の気の多い、うちのわんこが何も考えずに勝負を受けてしまったのじゃ…」と話します。昨日のS1でアンデッドがトリスタの引き立て役に徹したことで、晃牙の不満がたまり、今回ユニットリーダーに相談もせずに勝負に挑んでしまったというのです。ギターの弦が切れてしまった晃牙、退場したアドニス、日差しが強く本来の力を発揮できない零に、女の子と遊びに行ってしまった薫。これらを見越して晃牙に呼出状を送ったのでしょう。アンデッドはボロボロです。


零「天祥院君は天使のようにかわいい顔をして、悪魔のようにえげつないのじゃ。」


一方の英智は薬を飲みながら、いつ病院に送り返されるかわからないから手を緩めている暇はない、と蓮巳と話をしています。英智は、完成されたシステムでアイドルを大量生産し、そのアイドルたちに業界の”喜びながら奉仕する幸福な奴隷”になってほしいと考えています。さらにこの国のアイドルを文化の高みにまで引き上げることも英智の目標の一つです。


■フィーネのステージ

TVアニメ「  あんさんぶるスターズ!  」第七話『皇帝』
多くの観客が集まる中、空を飛ぶ飛行船のようなものから三奇人の一人でありフィーネのメンバー、日々樹渉の声が響きます。


渉「北斗きゅーん!今日も宇宙に愛の輝きを。あなたの日々樹渉です!!」


知り合い?と聞くあんずに、「できれば俺の人生にかかわってほしくないんだが、残念なことにうちの演劇部の部長だ。」という北斗。渉は飛行船から飛び降り、ステージに華麗に着地します。「Amazing…!!!」


弓弦、桃李、英智もステージに上がり、フィーネのステージが始まりました。フィーネの楽曲は『終わらないシンフォニア』で、パフォーマンスは皇帝にふさわしく上品であり美しく輝きを放っています。北斗はフィーネのメンバーそれぞれのレベルの高さを感じ、特に英智に対しては「なにより圧巻なのが生徒会長、天祥院英智。歌も踊りも完璧すぎる。本当に病み上がりなのか?まさにトップアイドルだ。」と圧倒されています。


ステージを見ていると、潮時かもな、と真緒がつぶやきます。「会長の提案は案外悪くないかもしれない。トリスタは無くなるけど生徒会勢力に属しながら内部からゆっくり改革する方法もある」と。北斗と真が本気なのかと聞いていますが、スバルはキラキラした目で真っすぐにステージを見ています。


演目後、ステージ上で英智が発表したのは、『DDD』の開催でした。年末に行われる『SS』というイベントでは全国からアイドルが集まり、この国で最も優れたアイドルを決めます。その『SS』に出場するにふさわしいユニットを選定するドリフェスが『DDD』です。


英智「君たちの願いを、情熱の全てをかけて挑んでほしい。存分に響かせてほしい。君たちのアンサンブルを!!」


■すれ違う気持ち

放課後、廊下を歩くスバルと北斗。紅月と同じようにフィーネもぶっ倒そう!と意気込むスバルとは対照的に北斗は暗い空気をまとっています。歩みを止め、すまないと言い反対方向に歩き出す北斗に、スバルは話しかけ続けます。それでも無視して歩く北斗に「待ってって言ってんだろ!北斗!」とスバルは本気で叫びます。やっと歩みを止めた北斗ですが、次の言葉は予想だにしていないものでした。「初めてきちんと名前で呼ばれるのが、こんな局面とはな。生徒会長と今後を話し合う。」


北斗「これまで楽しかった。ありがとう。お前のおかげで俺は少しだけアイドルというものを好きになれた。願わくばどうか、希望の光を絶やさないでほしい。」


「ほんとにお別れみたいじゃんか。冗談なんかにあわないよわらえないよちっとも!北斗、真、真緒…お前らがいなくなったら、俺はどうしたらいいんだよ」悲痛なスバルの叫びだけが残りました。


■トリスタの今後

英智に解散を言い渡されてしまったトリスタでしたが、スバルだけは解散はありえないと思っていました。最後のスバルの言葉、しんどいですね。トリスタはこのまま解散してしまうのでしょうか?


あんさんぶるスターズ! の各話を振り返りチェック!


TVアニメ「あんさんぶるスターズ!」第一話『新風』
TVアニメ「あんさんぶるスターズ!」第二話『咆哮』
TVアニメ「あんさんぶるスターズ!」第三話『決行』
TVアニメ「あんさんぶるスターズ!」第四話『開花』
TVアニメ「あんさんぶるスターズ!」第五話『マリオネット~前編~』
TVアニメ「あんさんぶるスターズ!」第六話『マリオネット~後編~』
TVアニメ「あんさんぶるスターズ!」第七話『皇帝』

あんさんぶるスターズ! アニメ情報





あんさんぶるスターズ! の2.5次元舞台が人気な理由






(あにぶ編集部/杏子)
カテゴリ