HTB『チャンネルはそのまま!』民放連賞・最優秀賞の快挙

HTB『チャンネルはそのまま!』民放連賞・最優秀賞の快挙

 北海道のHTB開局50周年ドラマとして制作、今年3月18日(月)から5夜連続で放送されたドラマ『チャンネルはそのまま!』が19日、『2019年日本民間放送連盟賞』番組部門 テレビドラマ番組“最優秀”を受賞した。同局が“最優秀”を受賞するのは2013年の特別表彰部門 青少年向け番組『ありがとう いのち~みんな君が大事~』以来6年ぶりとなるが、テレビドラマ番組では初受賞の快挙となった。



【画像】芳根京子が主人公を好演 『チャンネルはそのまま!』場面カット



 『日本民間放送連盟賞』は、番組、CM、放送技術の向上と、放送活動の発展を図ることを目的に創設された歴史ある賞。全国の民放各社から応募された番組と事績を対象に年1回実施され、優れた番組、優秀と認められた事績を顕彰している。



 今回、『チャンネルはそのまま!』は、「HTBでなければできない、作り手の熱量が伝わってくるドラマであると同時に、だれが見ても楽しむことができるエンターテインメント作品に仕上がっている」と評価された。



 同ドラマは、札幌在住の漫画家・佐々木倫子氏の作品を連続ドラマ化。北海道のローカル局に、謎の「バカ枠」で採用された新入社員・雪丸花子(芳根京子)が、同期や上司ら周囲を巻き込みながら、テレビマンとして奮闘する日々を描き、ローカル局の“リアル”を極上コメディーに昇華させた。



 同局では、原作となった漫画の取材を受け全面協力していたことから、開局50周年にあたり社内からドラマ化したいという声が多数上がり、制作を決定。新社屋に移転するタイミングでモデルとなった旧社屋と新社屋の両方を使って撮影を行い、社員も多数エキストラ出演するなど、まさに取材を受けたHTBのテレビマンたちが社屋そのものを舞台に実写化したという前代未聞の作品。



 今回の受賞について福屋渉エグゼクティブプロデューサーは、「開局50周年という節目の年に、ともに歴史を刻んできた旧社屋を舞台にし、経験のないスケールに挑戦しました。撮影直前には北海道胆振東部地震が発生するなど数々の壁にぶつかりながらも、素晴らしい原作と俳優陣、スタッフに恵まれ、『チャンネルはそのまま!』を世に出すことができました。そのドラマが最優秀賞をいただき、大変光栄であり、感激もひとしおです。ローカルテレビ局が舞台となった作品が注目されたことは、きっと今テレビが向き合っている課題に何か意味をなしてくれるのでは、と感じます。これからも、北海道に根差し、HTBだからこそできる番組を制作・発信していきたいと思います」と、コメントを出している。



 受賞の知らせとともに、ドラマ全編とメイキングなど特典映像を満載したBlu-rayが来年3月に発売されることも発表された。
カテゴリ