イエモン、まさかのWアンコールに歓声の嵐 来年4・5東京ドームで「シーズン2終了」

イエモン、まさかのWアンコールに歓声の嵐 来年4・5東京ドームで「シーズン2終了」

 ロックバンド・THE YELLOW MONKEYが22日、熊本・グランメッセ熊本で全国アリーナツアー『THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2019 -GRATEFUL SPOONFUL-』(15ヶ所27公演)のファイナルを迎えた。



【ライブ写真】吉井和哉らメンバーソロショット



 19年ぶり9枚目のオリジナルアルバム『9999』(4月発売)を携えて4月27日の静岡公演からスタートした本ツアーは、初の試みとしてトランプのマーク(スペード/ハート/クローバー/ダイヤ)のイメージごとに、4パターンの異なるセットリストが組まれたことでも話題に。最終公演はスペードのセットリストを披露した。



 SE「ボナペティ」が流れ始め、会場が観客6500人の手拍子と歓声に包まれると、EMMAこと菊地英昭(G)にスポットが当たり、イントロのギターが会場に鳴り響くと、アルバム『9999』の1曲目に収録されている「この恋のかけら」で幕を開けた。



 スペードは攻撃的な楽曲で構成したセットリストだといい、吉井が観客を挑発的にあおりながら「天道虫」「パール」でたたみかける。印象的なベースのリフが鳴り響くとアルバム曲「Love Homme」を披露し、「サイキックNo.9」「Breaking The Hide」など新旧織り交ぜながら攻め続けた。



 再集結後の代表曲の1つでもある「砂の塔」の特徴的なイントロが鳴り響くと、吉井は床に座り込み、エモーショナルに歌い上げる。人気曲「Tactics」では会場全体を巻き込むコール&レスポンスで会場の熱気をさらに高め、アウトロでは吉井とEMMAが寄り添いながら2人並んでギターを弾く姿が印象的。そして「JAM」のイントロが鳴った瞬間、割れんばかりの拍手が沸き起こり、観客の歌声が会場全体を包み込んでいった。



 MCでは、全国15ヶ所計27公演のアリーナツアーと4つのセットリストを振り返り、吉井はどのセットリストも「イエローモンキーらしくて最高」と自画自賛。「この4人で音を鳴らすとどんな楽曲でも特別なものになる」と胸を張り、最新アルバム『9999』については「絆や、ここに来るまでのいろいろな想いが詰まったアルバム」とこのツアーで進化を遂げた作品への思い入れをにじませた。



 鳴り止まないアンコールに応え、「30年前の曲をやらせてもらおうと思います」と、最新アルバムまで音源化をしてこなかった楽曲「毛皮のコートのブルース」を披露(※アルバムダウンロード特典として購入可能)。観客は約7分にも及ぶ演奏に酔いしれた。そして、「バラ色の日々」のピアノの旋律に合わせて吉井は「THE YELLOW MONKEYは30周年を迎えます。これからもよろしくお願いします。ありがとう、愛してます」とこみ上げる想いを伝えた。



 最後はライブ定番の「悲しきASIAN BOY」で締めくくり。大きく「THE YELLOW MONKEY」の文字をあしらったLEDが浮かび上がり、会場には花吹雪が舞った。終演のSEが流れ、ツアーが終幕したかと思われた瞬間、再びメンバー4人が登場し、「ドームで待ってるぜ!! WELCOME!」と、約30年前にバンドで初めてデモ音源作成をした楽曲「WELCOME TO MY DOGHOUSE」を今ツアー初披露し、まさかのWアンコールに会場は興奮のるつぼと化した。



 THE YELLOW MONKEYは、結成30周年記念日の12月28日からキャリア最大規模となる3大ドームツアー『THE YELLOW MONKEY 30th Anniversary DOME TOUR』(計4公演)をスタートさせる。そして、来年4月5日に東京ドームで行うツアーファイナルをもって、2016年に再集結したイエモンの「シーズン2」を終えようとしている。



 メンバーは「90年代をイエローモンキーのシーズン1とするならば、再集結から現在発表されているドームツアーまでがシーズン2だ」と言う。その締めくくりであるドームツアーにかけるメンバーの想いは強く、次のドームツアーが「正真正銘のドーム」だと言い、「全てを出し切る」と完全燃焼宣言。全ての公演で異なる「4つのセットリスト」で挑むことも明らかにしている。



■『THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2019 -GRATEFUL SPOONFUL-』

01. この恋のかけら

02. 天道虫

03. パール

04. Love Homme

05. サイキックNo.9

06. Breaking The Hide

07. 砂の塔

08. Tactics

09. Changes Far Away

10. JAM

11. Balloon Balloon

12. パンチドランカー

13. ROCK STAR

14. ALRIGHT

15. Titta Titta

16. 甘い経験

17. SUCK OF LIFE

18. I don't know

【アンコール】

19. 毛皮のコートのブルース

20. バラ色の日々

21. 悲しきASIAN BOY

【Wアンコール】

WELCOME TO MY DOGHOUSE
カテゴリ