男性が「この子色っぽいな」と思う女性の特徴

男性が「この子色っぽいな」と思う女性の特徴

色気って「その人が持ち合わせるオーラ」といった印象がありますよね。


そのため「子どもっぽい私には色気なんて出せるわけがない」とつい諦めてしまいがち……。


でも些細なことに気を付ければ、いくつになってからでも色っぽさって作れるものなんです。


そこで今回は「男性が『この子色っぽいな』と思う女性の特徴」についてご紹介します。



1.メンズライクなアイテムをうまく着こなす


「ヨレヨレのTシャツにワイドパンツだと男でも着れそうな感じだけど、キレイめなブラウスと合わせていたら『色っぽくてキレイなお姉さんだな』って思う」(28歳/アパレル)


特に秋冬ってメンズライクな色味やコーデが際立ちますよね。


男性でも着られそうなジャケットやパンツ、靴などを使いつつも、どこか女性らしさを放っていると、そのバランスが妙に色っぽくてそそられるとの声が……。


たとえばパーカーにスキニーでも、インナーはレースをチラ見せするとか、大ぶりのピアスを持ってきたり、メイクで女性らしさをプラスしたりしても良さそうです。


2.喋りかたがおっとりしている


「マシンガントークで喋り続ける子より、スローペースで話す子のほうが色っぽく感じるかな。

女性らしくてかわいいなって思うし」(32歳/営業)


早口でまくし立てる人って、ウワサ好きのおばちゃん感がありますよね。


色っぽいどころか一緒にいて鬱陶しいと思われてしまいがち……。


その一方でおっとり口調の女性からは、どことなく人としての余裕が感じられます。


誰かにがっつくこともないからこそ、男性も自分から行動しなきゃと思えるみたいですよ。


「色っぽい女子」の特徴としてもあげられる“ミステリアスな子”にも見えるからこそ、より魅力的に感じるのかもしれませんね。


3.自分の良さを生かしている


「ケバイ子よりも、ナチュラルな子のほうが色気を感じるのって何でだろうね。

見た目もそうだけど、香水が強い子より、せっけんのニオイのほうが色っぽく感じるし……」(33歳/IT)


金髪やギャルメイクって女子ウケは良いですよね。


でも男性ウケを考えると、やはりビミョー。


どうしても「怖い」「化粧濃すぎ」って思われてしまいがち……。


もし男性ウケに特化して色っぽい女子を目指すのであれば、素材というか、生まれ持った部分を生かしたほうが良いです。


たとえば髪がキレイと言われるなら、あえて染めないでみる。


そのほかにも肌がキレイなのがチャームポイントなら素肌感のあるベースを意識したり、アイメイクもアイプチやメザイクを使わずに仕上げてみたり……。


そのヌケ感が意外と色気につながり、男性からは好評だったりしますよ。


おわりに


もちろん自分の好きなように生きるのが、一番楽しいものです。


だけど「たまには男性ウケも意識したいな」「年齢とともに色気も欲しくなってきた」という人がいたら、上記の方法も試してみてくださいね。


(和/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ