斎藤工、『最上の命医』恒例の被り物”シリーズ 最新作は“牛の着ぐるみ”

斎藤工、『最上の命医』恒例の被り物”シリーズ 最新作は“牛の着ぐるみ”

 俳優の斎藤工が小児外科医・西條命(さいじょう・みこと)を演じるドラマスペシャル『最上の命医 2019』(10月2日放送、後9:00~11:09)より、“牛の着ぐるみ”シーンの写真が公開された。



【写真】私服の柄が似ていた永井大とのオフショット



 同ドラマは、『最上の命医』『最上の明医 ザ・キング・ オブ・ニート~』(取材・原作:入江謙三、漫画:橋口たかし/小学館・週刊少年サンデーコミックス)を原作とする本格医療ドラマ。自ら病に冒されながらも、消えそうな小さな生命に極限まで向き合う天才小児外科医・西條命が、子どもたちを救うために挑む姿とその奇跡を描く。2011年1月期の連続ドラマから始まり、16年、17年にスペシャルが放送された。



 病気と闘う子どもたちを喜ばせるため、命(みこと)が被り物をして現れるシーンは、同ドラマシリーズ“恒例”のホッとする場面の一つ。16年はキリンの“ジラフマン”、17年は“クジラーマン”に扮してきた。



 ドラマスペシャル3作目となる今回は、これまでの被り物とは少しテイストを変え、“牛の着ぐるみ”姿で登場。撮影時に、偶然、着ぐるみと似た柄の私服を着用していた、関光一郎役の永井大とのオフショットも併せて公開された。



 今回は、誘拐、脱獄など、さまざまな事件が起こり、命はシリーズ史上最悪の極限状態で最難関のオペに挑むことに。緊迫したシーンが多い中、かわいい“牛の着ぐるみ”姿に視聴者も癒やされるに違いない。
カテゴリ