初回登場!悲劇ヒロインに松本まりか「ディーンさんの“目で語る”芝居が印象的」

初回登場!悲劇ヒロインに松本まりか「ディーンさんの“目で語る”芝居が印象的」

10月7日(月)21時スタート『シャーロック』初回30分拡大





10月7日(月)スタートのフジテレビ月9ドラマ『シャーロック』の第1話で、松本まりかが悲劇のヒロインを演じることが決定した。

本作は、古典ミステリーの傑作「シャーロック・ホームズ」を原作に、令和の東京を舞台に映像化。“シャーロック・ホームズ”にあたる誉獅子雄(ほまれ・ししお)役をディーン・フジオカが、“ジョン・ワトソン”にあたる若宮潤一(わかみや・じゅんいち)役を岩田剛典が演じる。

松本が演じるのは、中尾明慶演じる心優しき消化器内科医・赤羽栄光(あかばね・はるき)の妻、赤羽汀子(あかばね・ていこ)。

汀子は、賢く、美しい容姿を持ち、育児や家事を完璧にこなす良妻賢母。しかし、自分と4歳の娘を残して栄光が突然、謎の死を遂げてしまい、一転、悲劇の未亡人となってしまう。絶望の淵に立たされ、警察と獅子雄に栄光の死の真相解明を託す。そんな中、獅子雄は、栄光と同僚である若宮の行動に疑問を持つようになり…。


<松本まりかコメント>


Q.今回の役のオファーが来たときの率直な感想は?

小さい頃から見ていたあの“月9”に出演できるということは、私の中ではすごく特別で。この世界に入ったときの憧れでもありました。しかも初回のゲストで悲劇のヒロインという、とても重要な役を務めることができ、幸せです。私が演じる汀子は、謎解きの中枢を担う責任重大な役。底知れぬ奥深さを持ち、たくさんの表情を見せていかねばならない難しい役なので、ハードルがとても高く、挑戦しがいがあると思いました。

Q.赤羽汀子という役について

汀子は良妻賢母で、家事も完璧にこなす妻ではありますが、実は自分の生い立ちにコンプレックスがあって。だからいい夫、いい家を得たのですが。子供のことを、小さな自分の生き写しのように見ているので、きっと彼女が自分のようにならないように、ついついしつけには厳しくなってしまうのでしょうね。ラストシーンでは汀子の内に秘められていた部分が見えてくると思います。

Q.撮影現場はいかがですか?

最高であり、理想の現場だと感じています。ディーン・フジオカさんとのシーンでは“目だけで語る芝居”が印象的で。目線のやりとりだけで本当に楽しいです。

岩田剛典さんは、とにかく優しい方で。何気ない表情がとても繊細で、魅力的です。

佐々木蔵之介さんは、絶妙な間合いとニュアンスと表情で、さりげなく完璧な演技をしてしまう方で、一緒にお芝居をするたびに刺激を受けています。

他にも山田真歩さんなど魅力的な俳優陣、素晴らしいスタッフ陣と充実した日々を送らせていただいています。また、西谷弘監督の演出は、目からウロコで、その演出に挑み続けるのが最高に楽しい。いい緊張感の中、ものすごく集中して役と向き合い、演じる事ができています。

Q.ディーン・フジオカさんとの共演はいかがでしたか?

存在感のある方ですし、スターだな、と思いました。スタッフの方と打ち合わせをされている姿を目の当たりにして、(ディーンさんが)信頼されているこのチームの中で、このようにいつも作品を作られているんだと、その姿がすごく印象的で。一緒に演じさせていただいて、いい緊張感を味わうことができましたし、まだ共演シーンが続くので楽しみにしています。

Q.視聴者のみなさんにみどころをお願いします。

一筋縄ではいかない事件の中で、個性的な登場人物がみせる推理と謎解き…。思わず画面にくぎ付けになるような驚きの連続で、ひとときも見逃せないドラマになっています!まばたき禁止です!(笑)。

随所にちりばめられている事件の解決へのヒントや手がかりを、皆さんも一緒に見つけ、獅子雄と一緒に推理して楽しんでいただけたらと思います。


番組概要


『シャーロック』


<放送>


10月7日スタート 毎週(月)21時~21時54分
※初回30分拡大(21時~22時24分)


<出演者>


ディーン・フジオカ
岩田剛典 
 ・
佐々木蔵之介  
ほか

カテゴリ