ディズニー『作品愛アワード2019』1位にアニメ版『アラジン』、2位は『美女と野獣』 『アナ雪』5位に

ディズニー『作品愛アワード2019』1位にアニメ版『アラジン』、2位は『美女と野獣』 『アナ雪』5位に

 ディズニー公式エンターテイメントサービス・Disney DELUXEの『作品愛アワード2019』結果発表イベントが25日、行われ、1位にはアニメーション版の『アラジン』が輝いた。



【画像】Disney DELUXE『作品愛アワード2019』TOP10



 同アワードは興行成績や知名度に左右されず、ファンの愛の深さで最も愛されている作品を決定するもの。栄えある1位は2位の約1.5倍の得票で『アラジン』(アニメーション版)が輝いた。2位には『美女と野獣』(アニメーション版)、3位は『リトル・マーメイド』が続いた。



 投票総数9万件の中から1位となった『アラジン』は胸躍る冒険と真実の愛を描いた世代を超えて愛される普及の名作。“グッとくる”を除く、“スカッとする”“ハラハラドキドキする”“笑える”“ほっこりする”の4項目で首位を獲得し、他作品に比べ多様な項目で多くの支持を集めたことが1位の要因に。また、今年は実写版も公開され、多くの注目を集めた。



 2位の『美女と野獣』はアカデミー賞、ゴールデングローブ賞、グラミー賞を総なめにした極上のナンバーが印象的な作品で“グッとくる”のジャンルで高ポイントを得た。3位の『リトル・マーメイド』は世界的な名作童話を原作に、ディズニーならではの明るく楽しいハッピーエンディングで贈るミュージカルファンタジーで“ほっこりする”といった和みの要素への投票が多かった。



■Disney DELUXE『作品愛アワード2019』

1位:アラジン(1992)

2位:美女と野獣(1991)

3位:リトル・マーメイド

4位:塔の上のラプンツェル

5位:アナと雪の女王

6位:リメンバー・ミー

7位:アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

8位:トイ・ストーリー3

9位:美女と野獣(2017)

10位:ディセンダント



■Disney DELUXE『作品愛アワード2019』概要

・投票総数:9万115件

・投票期間:9月2日から23日まで

・投票資格:どなたでも投票に参加可能。

・投票方法:特設サイトより投票。1時間ごとに1回投票が可能。
カテゴリ