『おっさんずラブ』田中圭はCAに、吉田鋼太郎はパイロットに 千葉雄大、戸次重幸が参戦

『おっさんずラブ』田中圭はCAに、吉田鋼太郎はパイロットに 千葉雄大、戸次重幸が参戦

 空前の大ブームを巻き起こした『おっさんずラブ』の連続ドラマ第2弾の詳細が明らかになった。タイトルは『おっさんずラブ-in the sky-』。主演・田中圭、ヒロイン・吉田鋼太郎の最強タッグは変わらずに、物語の舞台は“空”。新キャストに千葉雄大、戸次重幸を迎え、おっさんたちが泣いて、笑って、全力で恋をする姿を描いていく“王道恋愛ドラマ”。番組は、テレビ朝日系土曜ナイトドラマ枠(毎週土曜 後11:15~深0:05)で11月2日スタートとなる。



【写真】前作の連ドラのキービジュアルと比較



 単発、連ドラ、劇場版と、固い絆を育み、チームを引っ張り続けてきた田中圭と吉田鋼太郎が新たなキャストと繰り広げる、笑って泣ける、おっさん同士の究極のピュアラブストーリー。



 新ドラマで田中が演じるのは、主人公の春田創一。35歳にして突然のリストラ、なんと転職して航空会社「天空ピーチエアライン」で働くことになったピカピカの新人CA(客室乗務員)。間が悪くてお人よし、まっすぐで優しくて、ちょっぴりおバカ。そんなモテないポンコツ独身男・春田に、突然のモテ期がやってくる。その相手は、機長に、副操縦士に、整備士…、ちょちょちょちょ、ちょっと待った! みんな男なんですけど!? 



 春田に思いを寄せる機長・黒澤武蔵を演じるのが吉田。黒澤は“グレートキャプテン”と呼ばれるほど技術・人柄ともに優れたパイロットで、各所からの信頼も厚く、春田にとっても憧れの存在。仕事に厳しく、初日から遅刻してきた春田をフライトから外すなど、後輩への指導にも熱心な黒澤が、熱く、一生懸命に、お客さまのために奔走する春田とフライトを重ねるうち、少しずつ彼を認めるようになり、いつの間にかうっかり…恋をしてしまう!?



 新たにラブバトルに参戦する千葉が演じるのは、黒澤とペアを組む副操縦士(コーパイ)の成瀬竜。操作技術に長けた優秀な若手だが、性格にやや難あり。ドライで人付き合いが悪く、自分にも他人にも厳しめ。言葉を選ばないため、各所で問題を起こしてしまう。そんなひねくれ者の成瀬は、春田のように人の懐にズカズカと入ってくるタイプが最も嫌いだったハズが…。



 さらにもう一人、戸次が演じるのは、熱血でストイックな職人肌の整備士・四宮要。社員寮では春田の隣の部屋に住んでおり、ガッツリ系“男の料理”で春田の胃袋を満たしてあげる心優しき兄貴。春田とは公私ともに仲良くしているが、実は“とある秘密”を抱えているという。



 4人で初めて顔合わせたした日に、田中は「前作とキャストが替わって寂しいという気持ちも、正直なくはないんです。でも、in the skyはまったく別のものなので、なんなら“キャストが替わった”っていう感覚も、僕にはなくて」と、心境を語る。



 「衣装合わせで雄大と戸次さんに会ってみたら、自分でもびっくりするくらい、不安がなさ過ぎて! あぁこれは大丈夫だと思いました。もう鋼太郎さんが機長の格好をして歩いているのを見ただけで、なんか…爆笑しちゃいました」と、大笑いもしていた。



 一方、吉田は「今回は、舞台が地上から空になるので、とてもスケールが大きくなるんだろうなと思っています。一世を風靡した風間杜夫さんに負けないように…教官を超える飛行機モノのドラマにしたいです(笑)」と、意気込みを語り、皆の笑いを誘っていた。



 前作の「天空不動産」からガラリと変わって、今回は、航空会社「Peach」の撮影協力のもと、新しい空のお仕事ドラマとしても楽しめ、さらに、春田(田中)、成瀬(千葉)、四宮(戸次)の3人は、同じ寮暮らしということで、“おっさん同士のテラスハウス”状態という設定にも、期待が高まる。



 そのほかのキャストも、発表。春田がCAの道を歩むきっかけとなった高校時代のバスケ部の後輩で、広報を務める橘緋夏役に佐津川愛美。毒舌で春田へのツッコミがさく裂する根古遥役にMEGUMI。ウワサ好きで情報通のディスパッチャー・烏丸孫三郎役に正名僕蔵。



 ほかにもガサツな元ギャルのCA・有栖川民代役に木崎ゆりあ。ホスピタリティに厳しい天然チーフパーサー・十文字美冴役に片岡京子。四宮を兄のように慕う若手整備士・道端寛太役に、広瀬すずがスカウトしたことでも知られ、連続テレビ小説『なつぞら』にも出演した鈴鹿央士が決定。個性的なキャラクターたちが繰り広げるコミカルなやりとりにご注目だ。



■メインキャスト4人のコメント



【田中圭】

 “ついに始まるなー”という感じです! 今回、新しく戸次さんと雄大が入ってきてくれたことは、素直にうれしいです。“鋼太郎さんがめちゃくちゃやる”特殊なおっさんずラブの現場を、早く体感して、早く慣れていただければいいなぁって思います(笑)。ぜひ、お二人には好き勝手やってほしいです!



 今は、新しいプロジェクトとして始まるこの作品を、少しずつ少しずつ自分の体の中に入れていってる段階ですが、衣装合わせで雄大と戸次さんに会ってみたら、自分でもびっくりするくらい、不安がなさ過ぎて! あぁこれは大丈夫だと思いました。もう鋼太郎さんが機長の格好をして歩いているのを見ただけで、なんか…爆笑しちゃいました(笑)。



 前作とキャストが替わって寂しいという気持ちも、正直なくはないんです。でも、in the skyはまったく別のものなので、なんなら“キャストが替わった”っていう感覚も、僕にはなくて。僕らキャストがうんぬんというよりも、スタッフが優秀なチームなので、このメンバーで同じようにこの作品を作れたら新しい『おっさんずラブ』として、また何かが起きるんじゃないかなって思っています。本当に楽しみしかないです!



 “人を想うこと”というのが、『おっさんずラブ』の一番のテーマだと思う。鋼太郎さん、雄大、戸次さんと一緒にお芝居をしていく中で、その“想うこと”が、今回はどういう形になるのか、とても楽しみです。



【吉田鋼太郎】

 『おっさんずラブ』は、見ていただいている方からたくさん評価をいただいている、喜んでいただいている作品なので、“もっと面白いものにしなきゃならない”って気負いはあるんですけれども…、圭と共に、とにかく“おっさんずラブ魂”で肩の力を抜いて楽しくやろうよ、と言っています。



 僕らは本当に演じながら楽しんでいるところがあって、それが皆さまに伝わっているという部分もあると思うんです。だから、僕と圭が楽しんでいるのを、千葉くんと戸次にも感染させて、もっともっと大きな楽しい塊にして、皆さまに見ていただきたいなと思います。ちなみに戸次とは付き合いが長くて、共演もいっぱいしているので、彼は僕のアドリブにも怯えていないと思います(笑)。



 今回はこれまでの中でも一番ガラッとシチュエーションが変わりますし、共演者もガラッと替わるということが、とても新鮮であり、楽しみであり、ちょっと悲しい(笑)。なにせとてもチームワークのいいメンバーだったので…。でも今回のおっさんずラブは、同じ人たちが別の世界に住んでいるというか…パラレルワールドっていうのかな。早く新しい世界に飛び込んで、浸ってみたいなとワクワクしています。



 僕としての目標は、前作にも増して真剣に春田を愛すること、それ一本でやっていこうと思っています。春田への愛の深さを増したいと思います。とはいえ、もはや僕としてはフラれているほうが快感なんですよね(笑)。武蔵の愛が成就する…ことはないような気が、僕としてはするんですが(笑)。



 今回は、舞台が地上から空になるので、とてもスケールが大きくなるんだろうなと思っています。一世を風靡した風間杜夫さんに負けないように…教官を超える飛行機モノのドラマにしたいです(笑)。



【千葉雄大】

 『おっさんずラブ』に出させていただくことを本当にうれしく思っています。でも、“アドリブがすごい”とか“笑いが止まらない”って書いてあるネットニュースを読み過ぎて…、実はアドリブに不慣れなので、頑張らないといけないなって思ってます(笑)。自然に出てきたものを楽しんでいこうと思っています。  



 最初お話をいただいたときに、プロデューサーさんとお会いして、僕の性格などについてもかなりお話したんですが、台本を見たら、それが反映されている部分があったんです。人付き合いが苦手なところとか、一途というか一生懸命なところが、これからどういうふうになっていくのかは自分でも楽しみではあります。でもどうやら“誰とでもキスする”キャラクターのようですが…(笑)、気持ちの面で、誰にどう僕が演じる成瀬のベクトルが向いていくのかを楽しみにしていただきたいなと思います。



 皆さんすごく優しく迎えてくださったし、プレッシャーを感じていてはダメかなと思うので、楽しんでいこうと思います!



【戸次重幸】

 最初お話をいただいたときは“私でよろしいんでしょうか?”という感じでした。こんなに話題になっている作品のシーズン2なのに、私でいいのかなという申し訳ない気持ちのほうが大きかったです。



 おっさんであることしか自信をもってこの作品に臨めるところがないです(笑)。混じりっけのない、今年46歳の立派なおっさんなので、そこだけは自信があるんですけど(笑)。あと、とてもアドリブが多い現場だということを知ったので…プレッシャーです! 鋼太郎さん発信ということで、尚プレッシャーです(笑)! でも、ただ気負っていてもいい作品にはならないと思いますので、頑張ります。



 僕、実はあまり恋愛モノに出演したことがなく、もちろん相手がおっさんというのも初めてですが…鋼太郎さんに負けず、千葉くんにも負けず、僕もおっさんを愛し抜きたいと思います!
カテゴリ