上戸彩、『マレフィセント2』オーロラ姫の吹替声優“続投”「娘に自慢できる」

上戸彩、『マレフィセント2』オーロラ姫の吹替声優“続投”「娘に自慢できる」

 女優の上戸彩が、ディズニー映画『マレフィセント2』(10月18日公開)の日本語吹替版でオーロラ姫を演じることが発表された。前作『マレフィセント』(2014年)からの続投。5年の間に「『マレフィセント』の時はまだ子どもがいなかったんです。娘に自慢できるのもうれしいです」と、自身に大きな変化もあったことから、喜びもひとしおだ。



【動画】『マレフィセント2』予告編



 前作で純粋無垢な笑顔で最恐ヴィラン・マレフィセントの心をも動かしたオーロラ姫。本作では、永遠の眠りから目覚めたオーロラ姫の婚約から始まり、冒頭から「うっとりした」と、上戸。さらに、妖精たちを守るために奔走するなど成長した姿やアクションシーンもあり、もう眠っているだけではない活躍を見せるオーロラ姫を演じて、「彼女がいるとパっと世界が変わる。だからきっと、悪役であるマレフィセントさえも心を動かすことができる。前回と違う強さがあったりして、声を入れている中で、その強さを出すという事が新たな楽しみでした」と、話していた。



 さらに、前作に続き、ノットグラス、フィリットル、シスルウィットの3人の妖精役は福田彩乃が担当。収録のために前作を見返したところ、「これは自分の声なのかな?と思うほど声を忘れてしまっていたので、思い出すのに時間がかかりました」と話しているが、今作でも3人の妖精をコミカルに演じ分け、観客を楽しませてくれそうだ。



 オーロラ姫にプロポーズするフィリップ王子役には、「ハリー・ポッター」シリーズの主人公ハリー・ポッター役を務めた俳優の小野賢章が新たに決定。オーロラ姫との結婚を控え幸せの絶頂を迎えながらも、母親であるイングリス王妃との間に立たされる難しい役どころをこなす。意外にも実写吹替での王子様役は“初”となる小野は「感慨深いものがある」と話し、女性ファンも大注目のロマンチックなプロポーズシーンについては、「オーロラ姫が導いてくれる感じが良かったですね。妖精たちが見守っていたりすごくかわいらしく、きれいなシーンで、とてもディズニーらしいシーンです!」と、見どころを明かしていた。



 そのほか、アンジェリーナ・ジョリー演じるマレフィセントは深見梨加、その手下ディアヴァル(サム・ライリー)は阪口周平が、前作からそろって続投。本作からの新キャラであるミシェル・ファイファー演じるイングリス王妃役には『魔法少女リリカルなのは』『ときめきメモリアル』などに出演する五十嵐麗。彼女の手下ゲルダ役には「スター・ウォーズ」シリーズのレイ役で注目された永宝千晶が起用された。
カテゴリ